この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

囲碁の日本棋院が話題となっています!

なんと9歳の少女「仲邑菫(なかむら すみれ)」さんが2019年4月1日付でプロ棋士になることが明らかになり史上最年少だと騒がれているようです!

さて、最年少記録を塗り替えた仲邑菫さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細は?

囲碁の日本棋院は5日、東京都千代田区で記者会見し、小学4年生のアマチュアで強豪の仲邑(なかむら)菫(すみれ)さん(9)=大阪市=を4月1日付でプロ棋士にすると発表した。

3月2日生まれの仲邑さんはプロ入り時は10歳0ヶ月で史上最年少となり、藤沢里菜女流名人(20)の11歳6ヶ月を9年ぶりに更新する。

記者会見に出席した仲邑さんは「中学生のうちにタイトルをとりたい」と初の中学生ホルダーへの意気込みを語った。日本棋院の団宏明理事長は「世界で活躍し、囲碁ファンを増やしていってもらいたい」と期待を寄せた。

引用元:産經新聞

仲邑菫 プロフィール

名前:仲邑菫(なかむら すみれ)

生年月日:2009年3月2日(9歳)

出身地:大阪府此花区

経歴は?

仲邑菫さんが囲碁を始めたきっかけは両親の影響でした。

父は日本棋院関西総本部九段の持ち主で、母親は囲碁インストラクターである為、生まれて物心ついたときには囲碁が身近にあったようです。

年齢的にはまさかの3歳の時から囲碁を始めていたようです。

まさにサラブレッドとはこの事でしょう!

7歳のときには家族で韓国ソウルへ囲碁の修行のため移住しています。

帰国後は、数々の賞を受賞し大人顔負けの囲碁を打つようになったといいます。

顔画像は?

仲邑菫さんの事を知らない方のために顔画像を載せていきます。

プロ棋士になることが明らかになり、数々のメディアが取り上げられていることで多数の顔画像が流出していました!

まだ9歳ということもあり見た目は可愛い小学生ですね。

しかし、この可愛らしい女の子がプロ棋士とは・・・侮れません!!

スポンサードリンク

小学校はどこ?

仲邑菫さんの通っている小学校を調べてみた所、地元である「大阪市立高見小学校」ではないかと言われています。

このような有名人が学校にいると学校獣がパニックになっていることでしょう。

しかし、学業と囲碁の両立もまた難しいでしょうね〜

両親が凄い!?

記事の冒頭でも紹介いたしましたが、仲邑菫さんの両親は囲碁のプロです!

そんな両親の情報を調べてみました。

父親の仲邑信也さん

名前:仲邑信也(なかむら しんや)

生年月日:1973年4月10日

出身地:大阪府

母親の仲邑幸さん

名前:仲邑幸(なかむら みゆき)

生年月日:不明

年齢:38歳

母親である幸さんもまた囲碁に関わっている人物で囲碁のインストラクターの経験を持っている人物です。

このように囲碁を極めた両親から生まれた中村菫さんの強さの秘訣は「両親」だったのかもしれません。

韓国語はペラペラ?

7歳の時から数年間韓国を行き来していた仲邑菫さんは韓国の道場で修行していました。

なぜ韓国なのか?と思う方も多いと思いますが、世界囲碁選手権では韓国は何度も優勝経験のある強豪国です。

そんな韓国で修行をしていたとなると自然に韓国語が身につくはず!

仲邑菫さんも同じように韓国の道場で修業しているうちに韓国語がペラペラになったといいます。

現在では両親の通訳まで出来てしまうという実力も身についたようですね。

スポンサードリンク

 

最後に

最年少プロ棋士である仲邑菫さんについて書かせていただきました。

まだ9歳という年齢で伸びしろは未知数です!これからの成長は期待できると言っていいでしょう。

仲邑菫さんのこれからの活躍に期待していきましょう。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。