この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました!

映画「紅の豚」のポルコ・ロッソの声などで知られる声優の森山周一郎さんが8日に亡くなったことが、9日、所属事務所への取材で分かりました。

森山周一郎さんはどのような方だったのか、現在や若い頃の画像などを調査してみました。

 

スポンサーリンク

「紅の豚」の声優・森山周一郎さんの死因は肺炎!

映画「紅の豚」のポルコ・ロッソの声などで知られる俳優、声優、ナレーターの森山周一郎さん(享年86)が、2月8日午後9時10分、肺炎のため埼玉県内の病院で亡くなったことが、2月9日、所属事務所への取材で分かりました。

葬儀・告別式は近親者のみで行うとのことで、お別れ会の予定はないそうです。

所属事務所によると、森山周一郎さんは2020年12月初めに自宅で転倒してしてまい、大腿骨(いわゆる太もも)と腰を骨折し、手術をしたのですが、入院中に以前から悪かった肺の状態が悪化してしまい、1月下旬には危篤状態となってしまっていたとのことです。

一時持ち直されましたが、2月8日に容態が急変してしまったそうです。

「紅の豚」の声優・森山周一郎さんプロフィール

  • 名前:森山 周一郎(もりやま しゅういちろう
  • 本名:大塚 博夫(おおつか ひろお)
  • 生年月日:1934年7月26日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:173cm
  • 体重:76kg
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:オフィス森山
  • 出身校:愛知県立犬山高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退
  • 趣味・特技:野球、ゴルフ、麻雀、囲碁

「紅の豚」の声優・森山周一郎さんの経歴について

森山周一郎さんは劇団東芸第1期研究生で、俳優、声優、ナレーターとして活躍されてきました。

俳優としては、1970年代から90年代にかけての全盛期の時代劇やアクション系作品で、黒幕や暴力団幹部などの重厚な悪役として活躍し、近年は老紳士の役なども演じられていました。

森山周一郎さんの俳優としての主な出演作品は以下の通りです。

  • 大河ドラマ「徳川慶喜」九条尚忠役(1998年)
  • ドラマ「セレブと貧乏太郎」美田園總一郎役(2008年)
  • 連続テレビ小説「エール」権藤源蔵(裕一の祖父)役(2020年)

そして、声優としては、数多くの洋画吹き替えで活躍し、ハードボイルドな俳優を多数担当してきましたが、ディズニー作品やジブリ作品の声も担当されてきました。

やや濁声がかった低い音質を用い、渋い男性役や悪の組織のボス、悪役を担当することが多かったですが、洋画作品ではハードボイルドな二枚目も演じられてきました。

森山周一郎さんの声優としての主な出演作品は以下の通りです。

  • ドラマ「刑事コジャック」ニューヨーク市警察マンハッタンサウス分署(11分署)刑事課セオドポラス・コジャック警部補(“デカ長”・“チョーさん”)(演:テリー・サバラス)の吹き替え
  • ディズニー映画「リトル・マーメイド」フロットサム&ジェットサム役(1991年)
  • ジブリ映画「紅の豚」ポルコ・ロッソ役(1992年)

中でも、宮崎駿監督のスタジオジブリ制作作品である「紅の豚」で、主人公のポルコ・ロッソ役を担当されたことで知られています。

「紅の豚」は、前作の「魔女の宅急便」に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した人気作品で、何度もテレビ放送されていますし、何より「飛ばねぇ豚はただの豚だ」という台詞はとっても有名ですよね!

また、ナレーターとして多くのテレビCMやバラエティ番組のナレーションも担当されてきました。

森山周一郎さんのナレーターとしての主な出演作品は以下の通りです。

  • ドラマ・映画「TRICK」(2000~2006年、2010年、2014年)
  • ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(2007年)※オープニングのナレーション
  • ドラマ「三毛猫ホームズの推理」(2012年)※番組宣伝

1999年7月23日、脳梗塞によって右の手足が突然動かなってしまったのですが、処置が早かったため大事には至りませんでした。

しかし、手足の痺れはなかなか抜けず、一過性脳虚血発作による不随意運動も起きてしまい、入院中も含め半年以上のリハビリを続けられました。

スポンサーリンク

「紅の豚」の声優・森山周一郎さんの現在の画像は?

森山周一郎さんの最後の俳優としてのお仕事は、2020年に放送されたNHKの連続テレビ小説「エール」での権藤源蔵(主人公・裕一の祖父)役でした。

「エール」はDVD化しているため、DVDなどにて森山周一郎さんの最近の映像を見ることができます。

「紅の豚」の声優・森山周一郎さんの若い頃の顔画像は?

森山周一郎さんは1957年~芸能活動を始められていますが、1958年に放送されたドラマ「遊星王子」はDVD化されていて、森山周一郎さんは第3話「消えたホームラン王」と第8話「まぼろし大使(中篇)」に出演されています。

このドラマでは20代前半の若い頃の森山周一郎さんの映像を見ることができます。

ネットの声

  • 森山周一郎さん、ご冥福をお祈りいたします。 渋い声が素敵でした

  • 森山周一郎さんお亡くなりなったんですね。刑事コジャックが頭に浮かんだなぁ。そして『飛べない豚はただの豚だぜぃ』名優に合掌。

  • ジブリ作品で紅の豚が一番。 飲みながら、笑いながら涙流しながら、 ポルコ・ロッソ 森山周一郎さんおご冥福をお祈りします。

  • 森山周一郎さん、もちろん紅の豚もなんだけど、TRICKのOPなんだよな私の中では。

  • 森山周一郎さんといえば、自分の中ではキャプテンの青葉学園の監督でした。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

最後に

「紅の豚」の声優で知られる森山周一郎さんについて書かせていただきました。

森山周一郎さんのご冥福をお祈りいたします。