この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは、コメ太郎です。

衝撃的なニュースが飛び込んできました!

なんと、東京都荒川区で和菓子店を経営している木津英喜さんが自身の娘である木津いぶきさんを殺害し、店内の冷蔵庫に遺棄したというのです。

鬼畜としか言いようのない事件に世間が凍りついています。

さらに、犯人の英喜さんは犯行後首を吊って自殺しているところを発見されています。

一体、何が起こったのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細は?

世間を震撼させた事件なだけに各メディアがこぞってこの事件を取り上げています。

まずは事件の詳細をご覧ください。

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて探していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。

 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。

 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があったという。

 捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。木津さんはひざを抱えるような体勢だった。首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。近くには普段使っていたオートバイがあったという。

 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。「父親が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。変わった様子はなかった。親子に何があったのか、驚いている」と話した。

出典元:朝日新聞

木津いぶき プロフィール

名前:木津いぶき(きつ いぶき)

年齢:18歳

住所:東京都荒川区東尾久8丁目

職業:大学生

スポンサードリンク

顔画像は?

木津いぶきさんの顔画像について注目が集まっています!

一般人にも関わらず、顔画像を公開されていることが事件の大きさについて物語っています。

現在18歳で、これからという時期にまさかの父親に殺害されるとはいぶきさんは夢にも思わなかったでしょう。

殺害した父親は犯行後、自身の息子に対しこのように電話したと言います。

「娘を切った。俺も死ぬ」

この電話のあと父親も自殺を図っており、すでに性格那覇港動機を知る術はありません。

ネットでは無理心中や、いぶきさんの引きこもり説が浮上していますが、どれも正確な情報ではないためガセネタの可能性も高いです。

今後、遺族からの証言で犯行動機を見出すしか事件の真相は明らかにならないでしょう。

自宅が流出!

今回の事件の現場となった自宅ですが、老舗和菓子店ということで流出しています。

マップやストリートビューをご覧ください。

苗字と店名が同一なので特定に時間はかかりませんでした。

見た感じも由緒正しく、明治神宮にも羊羹を献上しているほどの和菓子店でした。

なぜこのような事件が起きてしまったのか疑問に思われます。

高校や大学は?

木津いぶきさんは大学一年生で短い人生に幕を閉じました。

そこで高校や大学などの学歴について調査しました。

ネットやSNSを駆使したのですが特定には至りませんでした。

今後、同級生などの証言などが明らかになることと思われますので学校名が明らかになるのも時間の問題でしょう。

情報が入り次第アップデートしていく予定です。

ネットの声

https://twitter.com/moon_drop_y/status/1147636477112680448

スポンサードリンク

 

最後に

木津いぶきさんについて書かせていただきました。

ネットでは犯行動機について様々な憶測の声が出ていますが、まだ正確な情報がないのが現状です。

一刻も早い犯行動機の解明が求められますね。

そして残された遺族のケアも最優先すべきですね。