この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

後川清さんをご存知でしょうか?

あの大物演歌歌手である前川清さんのモノマネをしているタレントが後川清さんなのですが、2月26日に亡くなっていたことが分かりました。

一体、後川清さんとはどのような人物だったのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細

ものまねタレント後川清(うしろかわ・きよし)さん(本名・鈴木勉=すずき・つとむ)が2月26日午後1時ごろ、都内の病院で心不全のために亡くなっていたことが3日、分かった、73歳。茨城県出身。

妻知子さんによると、約2年前から心臓を患い、18年6月に都内の病衣運に入院。翌7月に人工弁置換手術を行った。

9月には左肺が、空気が入っていない状態となる「無気肺」となり、その後、右肺が肺炎になった。転院をしながら病状の回復に努めたが、退院をすることはかなわなかった。

亡くなる前日まで「食事もしっかり取っていた」(知子さん)といい、容体急変の連絡をもらった家族が病院に駆けつけたが、看取ることはできなかったという。

1995年(平7)に歌手デビュー。97年に、ものまねタレント「後川清」となった。

02年には、NHKのバラエティー番組「ふるさと皆様劇場」で”本物”の前川清、梅沢登美男と共演。06年にはクール・ファイブの宮本悦郎、小林正樹をバックに「長崎は今日も晴れだった」をリリースした。

引用元:日刊スポーツ

後川清 プロフィール

芸名:後川清(うしろかわ きよし)

本名:鈴木勉(すずき つとむ)

生年月日:1952年9月11日(享年73歳)

出身地:茨城県

身長:178cm

体重:80kg

趣味:渓流釣り・美術鑑賞

経歴

歌うことが得意なご川清さんは粥デビューする前から数々のカラオケ大会で賞を納めていました。

・1990年 第一興商カラオケ大会 (敢闘賞)

・1991年 第一興商カラオケ大会 (歌唱賞)

・1992年 第一興商カラオケ大会 (特別賞)

・1992年 TX そっくり大賞

その後1995年位歌手デビューした後川清さんは「心は恋雨」、「湯殿川ブルース」をリリースし名前が知れ渡ります。

2002年には「ふるさと皆様劇場」で梅沢富美男さんと、本人の前川清さんと共演。2006年には「長崎は今日も晴れだった」をリリースし順調に歌手の道を歩んでいました。

スポンサードリンク

病気で闘病していた!?

順調に歌手活動をしていた後川清さんに病魔が襲ったのは2年前だったといいます。

「心臓疾患」で人工弁置換手術から始まり左側の肺が機能しない「無気肺」や右側の肺も「肺炎」に襲われ辛い闘病生活を余儀なくされていたことが判明しています。

呼吸器の肺が両方とも機能しずらい状態にあったのでまさに地獄の苦しみだったことでしょう。

死因は?

ご川清さんの死因は心不全と明かされています。

心不全とは、何らかの理由で心臓のポンプ機能が低下して血液が体全体に送り出せなくなった状態のことを言うようですが、詳しい原因は明らかになっていません。

しかし、心疾患を患っていたご川清さんですから、心不全とは大きく関係がありそうに思います。

顔画像は?

後川清さんのことを知らない方のために顔画像を見てみましょう。

引用元:http://asobi-kikaku.info/ushirokawa

引用元:http://www.takepro.net/monomane

引用元:Twitter

いかがでしょうか?

モノマネ本人の前川清さんにも大変似ていますね!

歌声が激似!

さて後川清さんの歌声がどこまで前川清さんに似ているのかみてみましょう。

これはものまね紅白歌合戦に出場した時の動画ですが3分くらいから後川清さんが出てきます。

歌声を聞いた小川菜摘さんも頷いており、かなりの激似ぶりが伝わってきますね。

嫁は知子さん

ご川清さんは「知子」さんという妻がいることが分かっています。

各メディア報じているのは知子さんが夫の看病をしていたことなど明かしていましたが、一般人のためかこれ以上の情報はないようですね。

恐らく後川清さんの葬儀の喪主を務めるものと思われます。

因みに子供ですが、情報が全くありませんでしたので分かりませんでした。

ネットの声

スポンサードリンク

 

最後に

後川清さんについて書かせていただきました。

無くなる直前まで闘病しており辛い時期もあったようですが、天国では大好きな歌を思う存分に歌っていただきたいですね。

後川清さんのご冥福を心よりお祈りいたします。