スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

BC・茨城の松田康甫投手が話題になっています!

ルートインBCリーグに所属する茨城県のプロ野球チーム「茨城アストロプラネッツ」に所属している松田康甫投手が、1月16日までにメジャーリーグベースボールナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム「ロサンゼルス・ドジャース」とマイナー契約を結んだことが球団から発表されました。

BC・茨城の松田康甫投手はどのような方なのか、高校や大学、経歴、顔画像、ドジャース入り、嫁などについて調査してみました。

スポンサーリンク

松田康甫(BC茨城)高校や大学はどこ?

出身高校:金沢高等学校

出身大学:拓殖大学

金沢高等学校は、石川県金沢市にある偏差値48~64の私立高校で、春の甲子園は9回、夏の甲子園は13回出場していて、著名な出身者には元プロ野球選手の宮地惟友さんや笠間雄二さん、寺西秀人さんなどがいらっしゃいます。

そして、拓殖大学は東京都文京区に本部がある偏差値の私立大学で、野球部は東都大学野球連盟に所属しており、著名な出身者には阪神タイガース二軍投手コーチの高橋建さんや広島東洋カープに所属していた中尾明生さん、西武ライオンズに所属していた古屋剛さんなどがいらっしゃいます。

スポンサーリンク

松田康甫(BC茨城)の経歴

BC・茨城の松田康甫投手は、1998年10月14日に石川県で生まれ、小学生の頃からメジャーリーガーになることが夢で、白山市立松陽小学校入学後、2年生の時に松陽少年野球クラブで野球を始めました。

その後、白山市立笠間中学校に進んで軟式野球部に所属し、金沢高等学校に進学した後は、2年生の春の北信越大会で初めてベンチ入りを果たしました。

3年生の夏にエースとして県8強入りを果たしましたが、残念ながら甲子園に出場することは叶いませんでした

その後、拓殖大学に進学しますが、1年生の時の冬に右肩の内視鏡手術を受けており、その影響で4年間で公式戦のマウンドに上がったのは1回のみであり、それも4年生最後のリーグ戦での記念としての登板だったそうです。

その登板でも13球中1球しかストライクが入らなかったということです。

しかし、松田康甫投手は当時最速146キロだったため、BC・茨城に入団することとなり、精神的にも気負わずに野球に集中できるようになりました。

BC・茨城に入団した昨季は、3試合しか登板していませんでしたが、4月の巨人3軍との交流戦で先発し、松井、加藤、増田陸から3者連続三振を奪い、さらに最速155キロを出しました。

スポンサーリンク

しかし、身長193cmという長身&長い手足から繰り出される力強い速球が異彩を放っていて、メジャースカウトはその伸びしろを期待し、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結ぶ運びとなったようです。

松田康甫(BC茨城)の顔画像にも注目!

BC・茨城の松田康甫投手はツイッターのアカウント(名前:松田 康甫、ユーザー名:@kousuke_bb_1)を持っていて、ご自身の顔画像も投稿されています。

松田康甫(BC茨城)がドジャース入

ルートインBCリーグに所属する茨城県のプロ野球チーム「茨城アストロプラネッツ」に所属している松田康甫投手が、1月16日までにメジャーリーグベースボールナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム「ロサンゼルス・ドジャース」とマイナー契約を結んだことが球団から発表されました。

ロサンゼルス・ドジャースは、過去に野茂英雄さんや前田健太さん、ダルビッシュ有さんらも所属していたチームで、リーグ優勝24度、ワールドシリーズ優勝7度という成績です。

1月17日には会見も行われ「世界一の野球選手になることが目標」と抱負も語りました。

松田康甫(BC茨城)の嫁は?

BC・茨城の松田康甫投手は、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだことを家族に報告したところ「ありえん!」と驚かれたということですが、結婚はしているのでしょうか?

調べたところ、松田康甫投手が結婚されているという情報はありませんでした。

松田康甫投手は現在まだ23歳なので、当分は結婚せずに野球に専念されるのではないでしょうか。

ネットの声

「ロサンゼルス・ドジャース」とマイナー契約を結んだことが発表されたBC・茨城の松田康甫投手について、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 野球を楽しむことを忘れずに、アメリカで夢をつかんでほしいですね!

  • 独立リーグにも夢があるようになってきたね! 活性化することを期待!

  • アメリカでも頑張ってください

  • 飛び級渡米。

  • 松田さんすごいですね! 頑張ってほしい

 

最後に

「ロサンゼルス・ドジャース」とマイナー契約を結んだことが発表されたBC・茨城の松田康甫投手について書かせていただきました。