この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

不滅のシリーズモノの一つであるスーパー戦隊シリーズも、今年で44作目!そして今作の『魔進戦隊キラメイジャー』も相変わらずの人気です。

また、2020年6月からは、新たに6人目の戦士が追加される事が発表されています。

ですが、新型コロナウイルスの影響で、延期の可能性があります。とにかく、より厚みを増した戦隊モノになることは間違いありません!楽しみですね。

戦士のカラーはシルバーで、クリスタリア宝路という役名です。

そのクリスタリア宝路を演じるのが庄司浩平さんです。戦隊モノへの出演は、スターの登竜門といっていいブランドです。そんなチャンスを見事につかみ取った庄司浩平さん。

まさにシンデレラボーイといっていい庄司浩平さん。今回は、そんな庄司浩平さんについていろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

庄司浩平 プロフィール

  • 名前:庄司浩平(しょうじ こうへい)
  • 生年月日:1999年10月28日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:バスケットボール

庄司浩平さんは、2019年10月1日に男劇団青山表参道Xに新メンバーとして加入したばかりなんです!

今回の『魔進戦隊キラメイジャー』が、TV俳優としてのデビュー作になります。

全くの未知数ではありますが、逆に、それだけの可能性を秘めていると言って良いでしょう。

出身高校や大学は?

先述のプロフィールにあるように、庄司浩平さんは、バスケットボールで中学高校とかなり注目されていたさそうです。

出身中学の開進第一中学と出身高校の専修大学付属高校では、それぞれ中心選手として活躍し、高校時代は背番号は「10」番だったとの事!

大学での庄司浩平さんの情報はまだ入ってきていませんが、身長も185㎝と高身長であり、見ての通りの甘いマスク。

そしてこれからの役者としての活躍等を考えると、大学に通っているのなら、相当目立ってしまうでしょうね。

また、バスケットボールといえば、2020年1月28日、バスケットボールの世界では大変ショッキングな出来事がありました。

そう、NBAのレジェンド、コービー・ブライアントさんが飛行機事故で亡くなられました。

庄司浩平さんも、大変悲しんだみたいで、ツイッターで哀悼の意を記しています。が、それを英文で。どうやら、庄司浩平さんは、英語も堪能なのでしょう。ますます非の打ち所がないですね。

スポンサーリンク

オーディションエピソード

今回『魔進戦隊キラメイジャー』で、本格的に役者としてデビューする庄司浩平さんですが、

当然、難関のオーディションを勝ち抜いてきたと思うのですが、本人曰く、「楽しんでやりました!」との事。何とも大物感あふれるコメントですね。

なんでも、庄司浩平さんはこれまでオーディションらしいオーディションは受けたことがないそうで、今回の『魔進戦隊キラメイジャー』のオーディションでも、「とにかく印象に残るように」とだけ心がけていたそうです。

審査員からの質問にも、「ここだ!」というところで、ピンポイントで一気にまくしたてたそうです。

庄司浩平さん自身は、手応えというより、「今回のオーディションは楽しく喋ったなあ」程度の印象で終わったそうで、まさか受かるとは思ってもいなかったそうで、今でも信じられないそうです。

持っている人は、やはり違うものですね。

気になる彼女は工藤美桜!?

庄司浩平さんについて調べていくと、ある雑誌のインタビュー記事の中で気になるコメントをしていました。

「小夜役の工藤美桜さんとは、すでに撮影でコミュニケーションをとる機会がありました。彼女は長くこの世界にいるだけでなく、特撮の経験もあるので、たくさん助けていただきました。明るい方なので、僕もあまり緊張せずに撮影に臨むことができました」

他にも戦隊メンバーがいるはずなのに、工藤美桜さんのことしか語っていません。

これでは、庄司浩平さんは工藤美桜さんに気があるのか!?何かあるの!?などと、色々と勘繰られてしまっても致し方ないような気がします。

しかもこの二人、同い年で誕生日も近いという情報が!

庄司浩平さん→1999年10月28日

工藤美桜さん→1999年10月8日

そうです!なんと20日違い!

小さい情報とお思いの方もいると思われますが、案外こういう些細な事から意気投合したりすることって結構ありますから。

撮影を通じて、かなり仲良くなる可能性は全く無いとは言い切れないと思います。

番組の画面を通じて、庄司浩平さんと工藤美桜さんの今後の展開にも要注目ですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

庄司浩平さんは、185㎝の高身長に、バスケットボールで鍛えた類いまれなる運動神経mそしてイケメン!

且つ、英語もペラペラ、それでいて戦隊ものがデビュー作とくれば出世街道を走りだしたようなものですね。

エピソードなどから感じられるのは爽やかであり、明るさに満ちているまさに好青年といったところでしょうか。

庄司浩平さんは、恐らく俳優だけでなくタレントとしても活躍できる要素は十分持っていると思われます。

今後の庄司浩平さんには、目が離せませんね!