この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2020年4月3日午後8時14分、俳優で歌手の志賀勝(しが まさる)さんがお亡くなりになりました。78歳でした。

数多くの映画やドラマに出ている志賀勝さん。

中でもその独特のコワ面の風貌から映画では殺し屋、刑事ドラマではヤクザ役として出演し強烈なインパクトを残してきました。

半面、歌手としてはイメージとは真逆の美声を披露し、数々のヒット曲を連発。

今回は、昭和、平成、そして令和と活躍してきた志賀勝さんを振り返るとともに、いろいろと調べてみました。

志賀勝プロフィール

この投稿をInstagramで見る

月刊志賀勝(@monthly_shiga)がシェアした投稿

プロフィール詳細
  • 名前:志賀 勝 (しが まさる)
  • 本名:亀山 勝彦(かめやま かつひこ)
  • 生年月日~1942年1月13日 
  • 享年:78歳
  • 出身地:京都府京都市
  • 血液型:A型
  • 身長:162㎝

※父親は、俳優の加賀邦男

志賀勝その役者人生

1960年代半ば、東映京都撮影所の大部屋の俳優からの役者人生をスタートさせた志賀勝さん。

長い間、斬られ役が主な仕事でした。本人もインタビューで「リハも入れたら、斬られたってなると、何万回じゃきかないんじゃないかなあ」という位です。下積みが長かったことを感じさせますね。

その後、コメディアンでお笑い界の目利き人こと萩本欽一さんの目に留まり、テレビのバラエティ番組『欽ちゃんのドンとやってみよう』にレギュラー出演。毎週テレビのゴールデンタイムにしかも、当時の『欽ドン』の視聴率は軽く30%を超えていましたので一気に全国区の人気者に。

斬られ役であり殺し屋でもある、人を寄せ付けない怖い顔の持ち主の志賀勝さんでしたが、この『欽ドン』の影響で笑うとかわいいとか、愛嬌があると、今まで言われてこなかったことを言われるようになります。「俺の顔見てかわいいってあり得ないでしょ」と本人もまんざらでもなかったでしょうね。

80年代に入っては、歌手としても活躍。以後はCMも含めて欠かせない存在感ある役者として活躍しました。

志賀勝の死因は?やはり…

ここでちょっと気になるのが志賀勝さんの死因です。

時節柄78歳という御年齢と、数年前まではヘビースモーカーだったというのを聞くとひょっとして今大注目の新型コロナウイルスで!?と、勘繰ってしまいますが現在の時点では、調べたところによると病名は「拡張型心筋症」とのことで新型コロナウイルスとは関係がないようです。

葬儀は7日に行われます。

志賀勝の最近の活動は?

最近の志賀勝さんは、前述した拡張型心筋症を16年ほど前から患っていたらしくペースメーカーを入れてセーブしつつではありましたが、役者として仕事を続けていらっしゃいました。

ただ、ここ2~3年は、入退院を繰り返していたそうです。

最後は、奥さんに看取られてお亡くなりになられたそうですが、見舞いに行った関係者の話では佇まいや目の力には役者魂を感じられたそうです。

奥さんや子供は?

この投稿をInstagramで見る

月刊志賀勝(@monthly_shiga)がシェアした投稿

今回、葬儀の喪主は息子さんの大(だい)さんとのことです。大さんも以前は役者をしていたそうですが、なかなかお父様の勝さんに似ていて、かなりのコワ面の持ち主(!?)でいらっしゃいます。

奥さんについてなんですが、調べたところ現在は一般女性とのことですが、結婚前は女優だったそうです。

SNS等で志賀勝さんと奥さんの仲睦まじい様子が垣間見られることからも、夫婦仲は、羨ましいくらいにとても良いのがわかります。

志賀勝その凄すぎる伝説!?

志賀勝さんのその怖い風貌から、色々と伝説的なエピソードがあります。

「東映ピラニア軍団」として悪役俳優だけのユニットを結成していた当時、夜のバーで軍団で飲んでいた時に「本物」の方々に絡まれ、引くに引けずに一触即発になりかけたとか。たまたま「本物」の方の一人が、志賀勝さんの顔を知っていて事なきを経たらしいのですが、引くに引かなかったピラニア軍団ってどんな俳優さんたちの集まりなんだ!?って感じですね。

他にも、某プロレスラーから、その風貌はもちろん、「漢」気に熱く感動して熱心にスカウトされ、本人も本格的にプロレスラーに転向しようか!?と、真剣に考えたりとか。鳴いてた犬が志賀勝さんの顔を見た途端ピタリと鳴き止んだとか。書き出したら枚挙に暇がありません。

事の真偽はともかく、それだけ志賀勝さんには語れるだけの人間力が備わっていたということですね。

 

まとめ

名脇役として唯一無二の存在感で活躍された志賀勝さん。恐らく、今後も志賀勝さんのような役者は二度と現れないでしょう。それだけの極まった個性が確立されていましたから志賀勝さんを調べれば調べるほどに、魅力がどんどん増していって底が尽きませんでした。

志賀勝さんを慕っていた役者さんやスタッフの方々が、相次いでSNS等でお悔やみのコメントをしていますが、本当に、志賀勝さんという役者をいつまでも忘れないでいたいです。

志賀勝さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。