この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

女子シングルスで大阪なおみさんが2年ぶりに優勝したことが話題になっていましたが、さらに明るいニュースが飛び込んできました。

朝日新聞デジタルの記事によると、913日に閉幕したテニスの全米オープンで、車いす男子の世界ランキング1位、レジェンド国枝慎吾さんが5年ぶり7度目の優勝を果たしたそうです。

国枝さんは男子シングルス決勝で、3連覇を目指したアルフィー・ヒューエット(英国)さんと対戦し6―3、3―6、7―6で下し、見事に優勝を勝ち取ったそうです。

明るい話題は嬉しいものですね。余談ですが、国枝さんは、94日に日本を発ち、開催地のニューヨークに入り、1回戦があった10日朝までに、PCR検査を3度受けたそうです。お疲れ様でした。

それでは、国枝さんのプロフィールから紹介していきますね。

スポンサーリンク

国枝慎吾さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Shingo Kunieda(@shingokunieda)がシェアした投稿 –

  • 名前:国枝慎吾
  • 生年月日:1984年2月21日
  • 国籍:日本
  • 出身地:東京都
  • 居住地:千葉県柏市
  • 身長:173cm
  • 体重:62kg
  • 利き手:右手
  • 出身大学:麗澤大学国際経済学部

経歴は?

車椅子テニス界の王者、国枝慎吾(くにえだしんご)さん。9歳の時に脊髄腫瘍で下半身麻痺となり、車椅子生活となりました。その2年後、母の勧めで車椅子テニスを始め次第にこのスポーツにのめり込んだのです!

現在では日本だけではなく、世界の車椅子テニスプレーヤーとして頂点を極める存在です。2004年のアテネパラリンピックのダブルスで金メダルを獲り、2008年の北京パラリンピックではシングルスで金メダル、ダブルスでは銅メダルを獲得。2012年のロンドンパラリンピックではシングルス2大会連続金メダルに輝いています。

シングルスでは年間グランドスラムを5回も達成し、ダブルスではキャリアグランドスラムと4大会連続優勝を果たしました。

車椅子テニス世界ランキング1位という成績はもちろんのこと、ますます努力を続ける姿勢は、世界の人々に感動を与え続けています。

スポンサーリンク

数々の受賞歴

テニス界で圧倒的なポジションを確立してきた国枝選手、もちろん東京パラリンピックの切符を獲得しています。

国枝選手がオリンピックに出場するのは、2004年アテネから数えて5度目になります。母国開催ということで、東京招致のアンバサダーを務めるなど障害者スポーツ全体の普及活動のキーパーソンとしても活躍されています。社会的にもスポーツを通じて貢献しようとする姿には頭が下がりますね。数々の受賞歴がありますので紹介します。

2018年      GQ Men of the Year 2018 スポーツマン・オブ・ザ・イヤー賞[1]

2008年      日本テニス協会最優秀選手賞、千葉県知事特別賞、柏市民特別功労賞、毎日スポーツ人賞国際賞、東京運動記者クラブテニス分科会特別賞

2007年  柏市スポーツ顕彰、バカラ・アスリーツ・オブ・ザ・イヤー、東京運動記者クラブテニス分科会最優秀賞、朝日スポーツ賞

2004年  千葉県民栄誉賞、柏市民特別功労賞、東京運動記者クラブテニス分科会最優秀賞

2003年  東京運動記者クラブテニス分科会特別賞

        引用元:Wikipedia

嫁の国枝愛さんてどんな人?料理の腕前が凄い!?

この投稿をInstagramで見る

Ai Kunieda 国枝 愛(@ai_meshi3241)がシェアした投稿 –

国枝慎吾選手は201111月に、国枝愛さんと結婚されています。お相手が一般人であるため詳細は公表されていませんでした。

二人は国枝選手の母校である麗澤大学で出会い、愛さんは国枝選手の食生活を支えるために、アスリートフードマイスター3級の資格を取得したそうです。最近ではインスタグラムで日々の食事の様子が投稿されています。

この投稿をInstagramで見る

Ai Kunieda 国枝 愛(@ai_meshi3241)がシェアした投稿 –

愛さんはブログで次のように書いています。

テニス漬けの日々の中、食は私たち夫婦の楽しみでもあるので、そこまで厳しく制限していません。

ただ、海外遠征は気候も環境もまったく違う国へ飛行機での長時間移動。時差ボケも疲労もある中で試合をこなさなければいけないのに、栄養バランスの悪い食事が続くこともあります。

そういう時に体調を崩してしまい実力が発揮できない!なんて事が無いように、日本にいる間はバランスの良い食生活をして、普段から体調をしっかり整えておく事には気をつけています。

    出典:http://blog.831s.com/athlete/2019/01/09_post-403.shtml

海外での生活が多い国枝選手を支え海外遠征にも同行し、夫の選手生活を支えている愛さんブログからも、愛さんが国枝選手サポートをしながらコンディションを第一に考え、献身的に尽くされている様子が伝わってきますね。奥様の存在があってこそ、国枝選手がレジェンドと呼ばれる活躍をすることができるのだと思います。

スポンサーリンク

 

ネットからのお祝いメッセージ

今年は全豪、全米制覇の国枝慎吾。「いいテニスができてる。今年パラがあったら、今、金メダルだったんだな、とシャワー浴びながら思いましたね。ハハッ。それは来年に取っておきます」と爽やかに。カッコ良すぎるぜ。

国枝慎吾選手、優勝おめでとうございます!2015年以来、5大会ぶりのニューヨークでの優勝です。今年二つめのビッグタイトル獲得という栄誉を誇らしく思います!これからも、世界で戦う国枝選手をユニクロは応援し続けます。

国枝慎吾が5年ぶり優勝全米テニス車いすの部(共同通信)記者 『なぜ日本から世界的選手が出ないのか?』フェデラー 『何を言っているんだ君は!日本には国枝慎吾がいるじゃないか! 』正にその通りです!おめでとう