この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

私立藤嶺藤沢高校野球部の監督が話題になっています!

神奈川県の私立藤嶺藤沢高校の野球部の監督は、素手の部員にノックを行いけがをさせたとして、5日(火)に傷害容疑で書類送検されました!

気になる書類送検された監督の名前や顔画像について調査してみました。

スポンサーリンク

素手ノック監督(私立藤嶺藤沢)が傷害容疑で書類送検!

神奈川県藤沢市の中高一貫の私立男子高校・藤嶺学園藤沢高等学校で、硬式野球部員に素手でノックを捕球させてけがをさせたとして、1月5日(火)、監督の男性教諭(47)が傷害容疑で書類送検されました。

監督は「技術の向上のためだった。けがをさせるつもりはなかった。申し訳ない」と話したという。

署によると、監督は昨年9月26日午後にシートノックをした際、1年生の男子部員(16)に素手でノックを3球受けさせ、左手に挫傷による3週間のけがを負わせた疑いがある。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASP163JKVP16ULOB003.html

怪我をした部員は軟式野球経験者で、監督は硬式球の感覚をつかんでもらうため、約35メートルの距離からノックし、素手で捕球させたとのことです。

私立藤嶺藤沢高校は1985年、夏の甲子園大会に出場しており、神奈川新聞では度々特集が組まれていて、地元では有名だそうです。

素手ノック監督(私立藤嶺藤沢)の名前は?

素手でノックを捕球させて怪我をさせたとして書類送検された私立藤嶺藤沢高校の監督は、47歳の男性教諭であることは分かっていますが、名前は発表されていません。

スポンサーリンク

素手ノック監督(私立藤嶺藤沢)の顔画像は?

素手でノックを捕球させて怪我をさせたとして書類送検された私立藤嶺藤沢高校の監督の顔画像はありませんでしたので、今後情報が入り次第お伝えしていきます。

素手ノック監督(私立藤嶺藤沢)は現在は監督クビ?

素手でノックを捕球させて怪我をさせたとして書類送検された私立藤嶺藤沢高校の監督はどのような処分になったのでしょうか?

同校は「指導は適切ではなかった」として10月10日付で監督を戒告とした。

監督は日本学生野球協会から謹慎3カ月の処分を受け、現在は指導をしていないという。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASP163JKVP16ULOB003.html

戒告処分というのは、7種類ある懲戒処分の中で1番軽い処分で、始末書の提出などもない、口頭での注意のみの処分になります。

謹慎3ヵ月ということなので、謹慎が解けたらまた監督して復帰する可能性はありますね。

ネットの声

  • どれほどの打球か知らないが、硬球はうまくないと怪我しそう。狙いは理解できるんですけどね。テニスボールとかじゃだめだったのかな

  • 漫画キャプテンのリスペクトか…まあ、冷静に考えたらアウトだろうなでも、これは表沙汰になったけどこういう指導してるとこ結構ありそう

  • 昔とは何もかも違うことがわからない指導者が多過ぎ。生徒へのビンタ一つで教師の首が飛ぶ時代だと言うことを自覚しないと

  • 昔野球やってた親父に聞くと素手で受け止める練習はどこもやってたそうただ怪我を負わせるまでやるのはやり過ぎだと

  • 素手ノックは昔から捕球の練習でやる普通の練習問題があったとしたら素手ノックように球威を抑えたノックをしていたかどうかだけ素手ノック自体に問題がある訳じゃないしむしろやるべき練習

スポンサーリンク

 

まとめ

素手の部員にノックを行いけがをさせたとして傷害容疑で書類送検された私立藤嶺藤沢高校の野球部の監督について書かせていただきました。

ネットでは「素手ノック自体に問題があるわけではないが怪我をさせたのはやりすぎ」という声が多かったですが、確かに3週間のけがとなると、指導ではなく体罰や虐待になってしまうのでは?と思ってしまいますね。