この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました!

6月7日朝、東京都品川区の都営地下鉄浅草線の中延駅の上りホームで、JOC幹部の森谷靖さんが電車に飛び込む人身事故があり、森谷靖さんは病院に搬送された後に死亡が確認されました。

森谷靖さんはどのような方だったのか、顔画像や経歴、家族などについて調査してみました。

スポンサーリンク

森谷靖(JOC幹部)の死因は自殺!

6月7日午前9時半前、東京都品川区の都営地下鉄浅草線の中延駅の上りホームで、JOC幹部(経理部長)の森谷靖さん(享年52歳)が電車に飛び込む人身事故がありました。

森谷靖さんは病院に搬送されましたが、約2時間後に死亡が確認され、現場の状況などから自殺とみられているということで、警視庁が詳しい経緯を調べているということです。

森谷靖さんの死因は自殺とみられていますが、現在のところ、自殺の動機などはまだ明らかになっていません。

しかし、6月5日にTBSの「報道特集」で「【独自】組織委職員語る“金の流れ”」という、東京オリンピック・パラリンピックの人件費や運営費の実体について、現役役員が内部告発をするという報道がされていました。

番組では、会場運営費を委託された会社に高額な報酬や仲介料が流れる仕組みなど、“不透明なお金の流れ”について詳細に説明していました。

森谷靖さんはJOCの経理部長であるため、ネットでは「この報道や内部告発をした職員と森谷靖さんは、何か関係があるのではないか?」という推測も飛び交っているようです。

しかし、遺書などがあったのかどうかも分かっていないため、この噂はあくまで推測の域を出ません。

森谷靖(JOC幹部)の顔画像

JOC幹部の森谷靖さんのFacebookやツイッター、インスタグラムなどのSNSアカウントについて調べてみましたが、残念ながら森谷靖さん本人のものと断定できるSNSアカウントはありませんでした。

そのため、SNSで森谷靖さん本人が投稿された顔画像を見ることはできませんが、JOCの「マカオ東アジア競技大会2005」の「日本代表選手団名簿」の「本部」のページには、森谷靖さんの顔画像が掲載されていたため、森谷靖さんの顔画像はJOCのページで見ることができます。

スポンサーリンク

森谷靖(JOC幹部)の経歴は?

JOC幹部の森谷靖さんは、1968年11月23日に埼玉県で生まれ、埼玉県立浦和高校卒業後、法政大学に進学されました。

埼玉県立浦和高校は、埼玉県さいたま市にある偏差値74の県立高校で、埼玉県の進学指導重点推進校(埼玉県教育委員会が指定した東大などの難関大学進学実績向上に重点を置く公立学校のこと)です。

2014年には、文部科学省が指定した、国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う制度「スーパーグローバルハイスクール」にも指定しされています。

そして、著名な出身者には宇宙飛行士の若田光一さんやNHKアナウンサーの近藤泰郎さん、物理学者で東京大学大学院教授の古澤明さんなどがいらっしゃいます。

そして、法政大学は、難関私立大学群「MARCH」の一つで、著名な出身者には女優の高畑充希さんや女優の菊池桃子さん、ミュージシャンの秦基博さんなどがいらっしゃいます。

なお、法政大学の何学部だったのかなどは分かっていません。

また、2005年時点で日本オリンピック委員会の本部役員だったことは分かっていますが、それ以前の経歴やその後の経歴についても、明らかになっていません。

森谷靖(JOC幹部)に嫁や子供はいる?

JOC幹部の森谷靖さんは享年52歳なので、結婚して子供がいてもおかしくない年齢ではありますが、結婚はしていたのでしょうか?

残念ながら、森谷靖さんのプロフィールや経歴はまだ明らかになっていない部分が多いため、森谷靖さんが結婚していたのかや子供がいたのかについては明らかになっていません

もし森谷靖に奥さんやお子さんがいらっしゃった場合、今回の森谷靖さんの自殺は非常にショックだったのではないでしょうか。

ネットの声

6月7日朝、東京都品川区の都営地下鉄浅草線の中延駅の上りホームで電車に飛び込んで亡くなったJOC幹部の森谷靖さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 真っ黒なオリンピック利権の甘い汁を吸ってる方々が地獄の豪華で焼かれますように

  • なんか切ないし闇を感じずにはいられない…

  • (´・ω・`)いったい何があったのでしょう?

  • IOCとスガの犠牲者でしょうか?お悔やみ申し上げます。

  • 本当のところ、何があったんだろう

スポンサーリンク

 

最後に

6月7日朝、東京都品川区の都営地下鉄浅草線の中延駅の上りホームで電車に飛び込んで亡くなったJOC幹部の森谷靖さんについて書かせていただきました。

森谷靖さんのご冥福をお祈りいたします。