スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

落合思誉運さんが話題になっています!

小学生の頃に「自閉症スペクトラム」と診断された落合思誉運さんは2021年10月、急斜面の山道を猛スピードで駆け下りてタイムを競う「マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技」で全日本選手権ユースの部優勝を果たし、4月16、17日にプロデビュー戦に挑む予定となっています。

落合思誉運さんはどのような方なのか、マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技についてやプロフィール、経歴、現役高校生であることなどを調査してみました。

スポンサーリンク

落合思誉運(MTB)

落合思誉運さんが行っている「マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技」とは、マウンテンバイクの長距離レースの一種で、舗装されていない急斜面の山道を高速で下り、そのタイムを競う競技のことです。

とにかく速く下る競技であり、上りという概念もなく、上級者は時速60kmを超えるスピードで走行するため、過激な要素を持っているとして「エクストリームスポーツ」に分類されています。

落合思誉運(MTB)プロフィール

  • 名前:落合思誉運(おちあい しょん)
  • 居住地:島根県雲南市木次町
  • 生年月日:2005年3月27日(17歳)
スポンサーリンク

落合思誉運(MTB)の経歴は?

落合思誉運さんは小学生の時に「自閉症スペクトラム」と診断されたそうです。

自閉症スペクトラムとは、発達障害の一つで、

  • 人と接するのが苦手
  • 強いこだわりがある

といった特徴があり、落合思誉運さんも周りに溶け込まず、1人で遊ぶことが多かったということです。

そんな落合思誉運さんは中学2年生の時、一目ぼれした自転車をお母さまに買ってもらったことをきっかけに、毎日のように自転車に乗ったり、YouTubeで海外のダウンヒル選手に走りを見たりするようになりました。

中学卒業後、本格的にマウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技をはじめるために、経験者である自転車店「TECH.cycle build」の陰山玄交店長指導のもと、日々練習に励んできました。

2021年夏、初めて出場した全国大会で3位入賞、同年10月に山口県山口市で行われた第34回全日本自転車競技選手権マウンテンバイク・ダウンヒル競技男子ユースの部(17歳未満)では、2位と0.08秒差という接戦を制して優勝を果たしました。

この落合思誉運さんの功績をたたえ、

  • 山陰中央新報スポーツ功労賞
  • 公益財団法人島根県体育協会優秀選手
  • 島根県スポーツ功労賞

などの受賞が決まっているということです。

スポンサーリンク

落合思誉運さんの全日本選手権ユースの部での活躍に目を付けた県外のプロチームは、落合思誉運さんにオファーを出し、今年の春からプロデビューをすることが決まり、4月16日、17日に熊本県で開かれる大会が落合思誉運さんにとってのプロデビュー戦となります。

落合思誉運(MTB)は17歳で現役高校生!

マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技のプロとなる落合思誉運さんは現在17歳で現役高校生です。

落合思誉運さんは島根県立松江養護学校高等部の乃木校舎:職業コースに通っており、今年の春から3年生になります。

島根県立松江養護学校は、島根県松江市にある知的障害児を教育対象とした公立の養護学校で、

  • 小学部
  • 中学部
  • 高等部

に分けられており、高等部はさらに、

  • 川津校舎(総合コース。ものづくりなどを通し、基礎的な職業教育を行う)
  • 乃木校舎(職業コース。サービス業のための学習を行い、より専門的な職業教育を行う)
  • 安来分教室(農園芸、食品加工、手工芸、掃除などを行う)

という3コースに分けられているようです。

落合思誉運さんの出身中学校については分かっていませんが、出身小学校は島根県雲南市にある公立小学校「雲南市立木次小学校」です。

落合思誉運さんが自閉症スペクトラムと診断されたのは小学生の時ということで、小学校時点では養護学校には通っていなかったようです。

ネットの声

「マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技」において2021年10月に全日本選手権ユースの部優勝を果たし、4月16、17日にプロデビュー戦に挑む予定となっている現役高校生の落合思誉運さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 落合思誉運さんの応援ビデオ(妹さん作) か、かっこよすぎませんか!?

  • 「自信が持てたから」という自己肯定感の問題より、知識が豊富になるのでコミニュケーションが助けられるというスキル上の問題だと思います。

  • 好きなことがあって夢中になれることはいいことだと思います。

  • この子の能力を記事で読む限りでは知的能力障害の程度も一度見直しても良いのかもしれない。

  • 「対人的相互反応(やりとり)の欠陥」が必須症状の「自閉症スペクトラム」は誤診だったということになる

 

最後に

「マウンテンバイク(MTB)のダウンヒル競技」において2021年10月に全日本選手権ユースの部優勝を果たし、4月16、17日にプロデビュー戦に挑む予定となっている現役高校生の落合思誉運さんについて書かせていただきました。