この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました。

寺島康朗さんがお亡くなりになられました。

指揮者として知られる寺島さんはロッククライミング中に転落し死亡したとみられています。

スポンサードリンク

詳細は?

8日午前6時40分ごろ、埼玉県日高市高麗本郷の「日和田山」の岩場で、東京都羽村市小作台の指揮者、寺島康朗さん(58)が頭から血を流してあおむけで倒れているのを埼玉県警飯能署員が発見した。寺島さんはその場で死亡が確認された。

 同署によると、7日夜に寺島さんの妻(58)から「夫が夜遅くになっても帰ってこない」と110番通報があり、8日早朝から同署員12人で捜索していた。同署は寺島さんがロッククライミング中に転落したとみて調べている。寺島さんは7日に1人で入山し、同日夕方ごろから連絡が取れなくなっていた。

 寺島さんがかつて所属していた日野市民オーケストラによると、寺島さんはナゴヤシティ管弦楽団(現セントラル愛知交響楽団)などで指揮。海外での指揮経験もある。

出典元:産経新聞

寺島康朗 プロフィール

名前:寺島康朗(てらしま やすあき)

年齢:58歳

出身地:名古屋市

出身大学:国立音楽大学

職業:交響楽団指揮者

経歴は?

寺島康朗さんのことを知らない方のために過去の経歴を見ていきましょう。

寺島さんは国立音楽大学を卒業後、1988年に自身で初の指揮者としてセントラル愛知交響楽団を指揮します。

そのほかに指揮した主な作品を見てみましょう。

1993年11月:「愛の妙薬」を指揮

1997年7月:ルーマニア国立ディヌ・リパッティフィルハーモニー管弦楽団を指揮

200年2月:ジョルジュ・ディマフィルハーモニー管弦楽団を指揮

2001年11月:「ぐんま2001」オーケストラの祭典を指揮

2003年:ピアノコンペティション、コンチェルト部門指揮

2013年:石井達也ライブツアー(オーケストラバージョン)指揮

このように日本だけにとどまらず世界的にも活躍していた指揮者でした。

スポンサードリンク

顔画像は?

寺島康朗さんの顔画像を見てみましょう。

出典元:http://classic-musica.seesaa.net

出典元:http://www.amusewo.com

死因は転落死!?

寺島康朗さんは埼玉県日高市高麗本郷の「日和田山」に岩場で仰向けで倒れていたところを埼玉県警が発見したとされています。

経緯は妻が夫の帰りが遅いことを心配し、警察に捜査願いを出したことから捜査が開始したようですね。

このことから、ロッククライミングは寺島さん1人で行っていたことが分かり、事件性はないと思われます。

死因は報道通り転落死で間違いないでしょう。

嫁や子供は?

警察に通報したのは妻であると報道されていますが、妻に関して調べてみると情報はほとんどありませんでした。

分かることといえば年齢は寺島康朗さんと同じ58歳ということだけでした。

このことから一般人の可能性が高いですね。

続いて子供ですが、これまた情報はありませんので分かりません。

ネットの声

 

 

 

スポンサードリンク

 

最後に

寺島康朗さんについて書かせていただきました。

とにかく、今は寺島康朗さんのご冥福を祈るばかりです。

天国でも好きな音楽や指揮を思う存分やっていただいきたいと感じます。