この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

鍵山優真さんがをご存知でしょうか?

フィギュアスケート四大陸選手権で日本代表として出場している鍵山優真さんの演技が素晴らしいと話題になっています。

現在、自己ベストである91.61点を叩き出し満足しているようです。

そんな鍵山さんの年齢はまだ16歳なのです。一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

鍵山優真 プロフィール

この投稿をInstagramで見る

Yuma Kagiyama/鍵山優真(@yuma_kagiyama15)がシェアした投稿 –

見出しタイトル

名前:鍵山優真(かぎやま ゆうま)

生年月日:2003年5月5日

年齢:16歳

出身地:神奈川県横浜市

血液型:O型

趣味:ゲーム、寝ること、運動

 

鍵山さんについて調べてみると関連ワードに「宇野昌磨」と出てきているほど、宇野昌磨さんをリスペクトしています。そんな鍵山さんは父親の影響で5歳の時にスケートを始めました。そんな父親は現在のコーチである鍵山正和さんです。

鍵山優真さんの成績は2014−2015シーズンで関東選手権ノービスAクラスで優勝!、全日本ノービス選手権では14位、2015−2016シーズンでは関東ノービスAクラスで優勝しており文句ない成績です!

身長や体重は?

鍵山優真さんの身長や体重について調査しました。

プロフィールよると身長は158cmで体重は51kgとのことでした。

鍵山優真さんの憧れの選手である宇野昌磨さんは身長158cmで体重は55kgです。鍵山優真さんとほぼ同じ体型ということが分かります。鍵山優真さんの画像も見てみましよう。

https://twitter.com/shoma_not_alone/status/1223158650958516226

https://twitter.com/Mabt_3a4t/status/1224436417469616129

宇野昌磨さんと並んでみると背格好も本当に同じですね。しかしながらまだ16歳ということを考えるとこれから成長することも考えられます。

スポンサーリンク

父親の病気は脳梗塞?

鍵山優真さんのコーチは血hc位親である鍵山正和さんですが、どうやら鍵山正和さんは杖を持ち歩いているようです。上の画像でも右手横に杖を言いていることが分かります。何かの病気も疑われていますが理由について調べてみました。

調べてみたところ正式には公表されていませんが脳梗塞を患っていた情報がありました。おそらく病魔に襲われたのは2018年辺りでしょう。なぜならば2018年に行われた全日本フィギュアスケートにコーチである正和さんが参加していなかったのです。

翌年に大会には解説の方が昨年正和さんは「体調不良で参加できなかった」との解説もあったことから病気説が浮上していました。そして決定的なことは正和さんの歩き方が左半身を引きずるような歩き方だったことです。

この杖を持ち歩いていることと、左半身を引きずるような歩き方が脳梗塞ではないか?という憶測の声が出ているようです。

確かに正和さんは左手を常に拳を握るようにしています。過去にはフィギュアスケートでオリンピックにも出場している選手であったことから病気は公表しづらいのかもしれません。。。

高校はどこ?

鍵山優真さんの学歴について注目が集まっていますね!

早速高校について調べてみました、まずは中学校ですが地元である横浜市立六角橋中学校を卒業していました。その後通信制の星槎国際高等学校横浜に進学しています。

フィギュアスケートの練習に特化するため全日制ではなく通信制の高校を選択したものと思われます。

顔画像は?

 鍵山優真さんの顔画像を本人アカウントのインスタでチェックしてみましょう。

この投稿をInstagramで見る

Yuma Kagiyama/鍵山優真(@yuma_kagiyama15)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Yuma Kagiyama/鍵山優真(@yuma_kagiyama15)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Yuma Kagiyama/鍵山優真(@yuma_kagiyama15)がシェアした投稿 –

まだ16歳ということもあり、あどけなさが残るように感じます。

しかし、スケートとなると大人顔負けの演技をします!

スポンサーリンク

 

最後に

フィギュアスケート四大陸選手権に出場している最年少の鍵山優真さんについて書かせていただきました。

今後、ポスト羽生のになる人物かもれません!

まだ16歳ですので今後の伸び代も未知数です!間違いなく注目の選手になることでしょう。