この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんとアニメ声優界の巨匠である八奈見乗児さんがお亡くなりになりました。90歳でした。

皆さんおなじみの懐かしのアニメには必ずと言っていいほど八奈見乗児さんの声がありましたね。

その中でも「ゲゲゲの鬼太郎の一旦木綿」や「巨人の星の伴宙太」役はあまりにも有名でしたね。

そんな八奈見乗児さんの死因は病気説や、現在の顔画像、嫁(奥様)などについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

八奈見乗児さん死去

12月14日の20時前後に突如舞い込んできたニュースに驚いた方も多いのではないでしょうか?

八奈見乗児さんは12月3日午後10時59分に90歳でお亡くなりになられたと報道があり、世間の注目を集めています。

すでに同義は親族のみで執り行われており、お別れの会などの情報は明らかにされていません。

一方で90歳という高齢だと死因は老衰だとも考えるのも不自然ではありませんが、今回の訃報には死因などには詳しく書かれていません。それも世間の注目を集める要因となっているのも事実です。

スポンサーリンク

八奈見乗児さん死因は病気説で過去に闘病!

八奈見さんには過去に病気説が噂されていました。

それもそのはず、2015年9月に病気療養中ということで全ての仕事をキャンセルし事実上完全休業状態になっていたのです。

実際に所属事務所も正式に八奈見さんの病気療養についてこのようにコメントしています。

「ドラゴンボール超」において北の界王およびナレーターを務めております声優の八奈見乗児さんの療養に伴い、
第12話の放送より龍田直樹さんが北の界王およびナレーターを務めることとなりました。

八奈見乗児さんの復帰につきましては、回復状況を鑑みて、
ご本人と相談の上、検討したいと考えております。

八奈見乗児さんの回復をスタッフ一同、願っております。
引き続きご声援を賜りますよう、お願い申し上げます。

出典元:https://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/news/#n20150925

このように病気説は事実だったことが分かります。

しかしながら病気に関する病名や、復帰の時期などについては一切明かされておらず、ファンからも心配の声が多数上がっていました。

八奈見乗児さんプロフィール

  • 名前:八奈見乗児(やなみ じょうじ)
  • 本名:白土繁満(しらと しげみつ)
  • 生年月日:1931年8月30日
  • 享年:90歳
  • 出生地:中国・満州・撫順市
  • 出身地:東京都
  • 職業:声優、俳優、ナレーター

八奈見乗児さん 経歴

八奈見さんは高校を卒業後に声優を目指して九州のRKB毎日放送劇団に所属します。

しかしながら、東京で芝居をしたいという強い思いでその後上京します。俳協を経て青二プロダクションに所属が決まり本格的に声優活動を開始します。

その後は超人気アニメの声優を数々こなしていき、アニメ界声優では知らない人はいないくらいに知名度を上げていきました。

有名作一覧はこちら

  • ゲゲゲの鬼太郎:一反木綿役
  • 巨人の星:伴宙太役
  • 犬夜叉:刀々斎役
  • ドラゴンボール
  • ドラゴンクエスト

    その他にも書ききれないくらいに作品に出演し盛り上げてきました。

    僕自身も八奈見乗児さんの声は幼い頃から耳に焼き付いており、今でもその声を思い出すことができます。

    八奈見乗児さんに嫁と子供は?

    八奈見さんの結婚歴などについては情報はありませんでした。

    さらに葬儀の喪主などの情報についても公表されていないことから結婚されていないか、あるいは一般人であるご家族を思い、家族に関する情報は伏せていたことが考えられます。

    通常の場合、葬儀に関して喪主は妻か子供が行うのですが情報がないことを考えると独身だった可能性も考えられます。

    八奈見乗児さんの訃報にネットの声

    • 八奈見乗児さんは、周りを笑顔にする素敵な先輩でした。 ありがとうございました。 心よりご冥福をお祈りいたします。

    • 八奈見乗児さんも逝ってしまわれた。ご冥福をお祈りします。

    • 声優の八奈見乗児さんが、 12月 3日 に 90歳 で亡くなられたそうです。 御冥福をお祈り申し上げます。 八奈見さんの声が好きでした。 「ポチッとな」

    • ベガ大王や弓教授などでお世話になりました。ありがとうございました。

    • 八奈見乗児さん、心に響くお芝居をありがとうございました。ご冥福を心よりお祈りいたします。

    スポンサーリンク

     

    最後に

    八奈見乗児さんお訃報について書かせていただきました。

    天国でもその魅力ある声で周りを癒してあげてほしいと感じます。

    八奈見乗児さんのご冥福を心よりお祈りいたいたします。