この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんにちは。コメ太郎です。

気になるニュースが飛び込んできました!

なんと、埼玉県在住の70代女性にエボラ出血熱の疑いで病院で検査をしているとのこと。

この女性はコンゴかから7月31日に帰国したばかりで3日に39.2度まで熱が上がったらしいのです。

これで感染が確認されれば日本人で初めての感染例です。

さて、詳細はどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細

今回のニュースをメディアではこのように伝えています。

厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。東京都内の医療機関に入院し、血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査。4日午後にも結果が判明する。

 厚労省によると、女性はエボラ出血熱が流行しているコンゴから7月31日に帰国。3日朝に38・2度の発熱があり、同日夜に39・2度まで上がった。現地でエボラ出血熱患者との接触はないという。インフルエンザの検査では陽性反応が出ている。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

出典元:カナコロ

70歳女性 分かっていること

名前:不明

年齢:70代

住所:埼玉県

患者のプライバシーの観点などから名前などの情報は公開されていないようです。

仕事は何している?

この70歳女性ですが、なぜコンゴに滞在していたか?ということがネットでは話題になっています。

情報では半年間、仕事でコンゴに滞在していたことが分かっています!

このことから、この70代女性はボランティアなどでコンゴに滞在していたと考えるのが可能性としては高いでしょう。

現にコンゴの栄養状態は深刻で幼い子供ですらまともな食事ができない地域が多数あり、日本人ボランティアが活動しに行っているのが現状です。

もし仮に医療関係の仕事でコンゴに滞在していたとしても年齢的に考えると高齢すぎますよね?

仕事に関する情報も公開されていないのであくまで予測レベルですのでご了承ください。

スポンサードリンク

検査結果は?

現在のところ、医療機関の管理下のもとさまざまな検査をしているのですが、現段階で分かっていることは、インフルエンザA型の陽性反応が出ているということです。

エボラ出血熱とインフルエンザの症状は酷似しており、頭痛、倦怠感、筋肉痛などの症状が出ることで知られています。

現にインフルエンザで陽性反応が出ている以上、インフルエンザで間違いないと思うのですが、エボラ出血熱の検査結果はまだ出ていないとのこと。

コンゴはエボラ出血熱大流行!?

現在、コンゴは史上2番目のエボラ出血熱の大流行の年で、すでに1年間で死者数は1803人にも上っていることが現状です。

70代女性は現地ではエボラ出血熱患者と接触していないとコメントしているようですが、この背景をみると心配ですよね。。。

ネットの声

スポンサードリンク

最後に

仮にエボラ出血熱に感染していても、きちんとした医療機関の管理下にいるので感染が拡大することはまずないとのことですのでご安心ください。

必要以上にネットで拡散すると正しい情報が埋もれてしまいましからね。笑

これから夏休み本番で海外旅行に行かれる方も多いと思いますので、もし疑わしい地域に行く場合は予防接種をして万全態勢で行ってほしいですね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。