この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スポンサーリンク

悲しいニュースが飛び込んできました!

人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんは7月6日、沖縄県名護市の沖合約300メートルの海上で浮かんでいるのが見つかり、118番を受けて駆け付けた消防隊員によって、その場で亡くなっていることが確認されました。

『遊戯王』の作者・高橋和希さんはどのような方だったのか、死因や現場、結婚、子供などについて調査してみました。

高橋和希(遊戯王作者)死因はなに?

人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんは7月6日午前10時半ごろ、沖縄県名護市の沖合約300メートルの海上で、うつぶせの状態で浮かんでいるのが見つかりました。

マリンレジャーの関係者からの118番を受けて駆け付けた消防隊員が高橋和希さんを引き上げ、その場で亡くなっていることが確認されました。

高橋和希さんはTシャツを着て、水中マスクとシュノーケル、フィンを付けていたということです。

海上保安署と警察が亡くなるまでの経緯について調べているということですが、高橋和希さんの死因は何だったのでしょうか?

高橋和希さんの死因については明らかになっていませんが、シュノーケリングの器具を装着していたということなので、シュノーケリング中の事故ということが考えられます。

シュノーケリングとは、シュノーケルと呼ばれる呼吸用のパイプを付けて水面や浅い水中に浮かびながら海の中を観察するアクティビティのことです。

マリンショップ開催のシュノーケリングツアーではなく、個人で楽しむ「フリーシュノーケリング」では、毎年行方不明者や死亡事故が多く発生しており、死因は「溺水」のことが多いようです。

亡くなる方の多くは、

  • ライフジャケットなどの浮力体を着用していない
  • リーフカレント(サンゴ礁の外へ流れる危険な流れのこと)に流されてしまう
  • シュノーケルを誤って使用している

といったことが原因となっているようです。

スポンサーリンク

高橋和希さんもシュノーケリング中に溺死してしまったという可能性が考えられます。

高橋和希(遊戯王作者)の現場は沖縄名護市!

人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんの遺体が発見された場所は、沖縄県名護市の沖合約300メートルの海上です。

沖縄県名護市は沖縄本島北部に位置する都市で、「ネオパークオキナワ」や「カヌチャリゾート」といった観光施設があり、女優の黒木メイサさんやお笑い芸人のパッション屋良さん、漫画家の大城ゆかさんの出身地でもあります。

高橋和希さんは東京都出身、東京都在住ということですが、なぜ沖縄県名護市にいらっしゃったのでしょうか?

高橋和希さんは観光として、1人で沖縄県名護市を訪れていたということが報じられていました。

レンタカー会社の方から「高橋和希さんと連絡がつかない」と、警察に相談があったということです。

高橋和希(遊戯王作者)に結婚した嫁や子供はいる?

人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんの生年月日は1961年10月4日で、60歳で亡くなりました。

60歳というと、結婚して子供がいてもおかしくない年齢ではありますが、高橋和希さんは結婚されていたのでしょうか?

調べたところ、高橋和希さんが結婚されているという情報はありませんでした。

ファンの方によると『遊戯王』が始まって10年以上経過した2009年時点で、1度も結婚の話題は出ていなかったということです。

公表されていないだけで結婚してお子さんがいらっしゃる可能性も考えられますが、沖縄県名護市には1人で観光に訪れていたことや、「高橋和希さんと連絡がつかない」と警察に相談したのはレンタカー会社の方であることから、高橋和希さんは独身であった可能性も考えられます。

ネットの声

7月6日、沖縄県名護市の沖合約300メートルの海上で浮かんでいるのが見つかり、118番を受けて駆け付けた消防隊員により、その場で亡くなっていることが確認された人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • え!高橋和希亡くなったの!? ショックすぎる…

  • 貴方様の作品には愛を感じました 沢山楽しませて頂きました、 今までありがとうございました! 10年間追ってきて楽しかったです、 本当に面白い作品を作って頂き 感謝感激です。

  • 遊戯王、子供の頃からずーーーっと一緒だったから、高橋和希先生には感謝しかない…あの画風に憧れて絵にも憧れたっけ。

  • 高橋和希さん亡くなったのね。ご冥福をお祈りします

  • 僕はモンストがきっかけで遊戯王のカードゲームを知って、青眼の白龍のデッキを買わせて頂きました。 突然のニュースに、驚き等が隠せません…

最後に

7月6日、沖縄県名護市の沖合約300メートルの海上で浮かんでいるのが見つかり、118番を受けて駆け付けた消防隊員により、その場で亡くなっていることが確認された人気漫画『遊戯王』の作者・高橋和希さんについて書かせていただきました。

高橋和希さんのご冥福をお祈りいたします。