この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ボビーオロゴンさんが逮捕されて話題にあっている人物がいます。それは「近田きょうこ」さんです。

そうです!この人物こそ今回の被害者でありボビーさんの妻なのです。今回の事件で初めてその名前を聞いた方がほとんどではないでしょうか?

さて、近田きょうこさんとは一体どのような人物なのか調べていきたいと思います。

事件の詳細

事件の詳細を見ていきましょう。

事件が起きたのは5月16日でした。この日ボビーオロゴンさんはさいたま市内の自宅で自身の妻の顔を叩く行為をしたことが判明!詳しい犯行動機は分かっていませんが、二人は口論の末にボビーさんが手を出したとのこと

これにより妻が100番通報し、駆けつけた警察官により、同日午前11時50分ごろに逮捕されました。

メディアでもこのように報道されています。

ナイジェリア出身のタレント、ボビー・オロゴン容疑者(54=本名・近田ボビー)が、自宅で妻の顔をたたくなどしたとして16日、埼玉県警に暴行容疑で現行犯逮捕されたことが分かった。

県警によると、オロゴン容疑者はこの日、さいたま市の自宅敷地内で日本人の妻の顔をたたくなどしたという。妻が午前11時50分ごろ、暴行を受けたと110番通報。駆けつけた県警の警察官に逮捕された。妻に大きなけがはなかった。当時、自宅内には子供が3人いたという。

オロゴン容疑者は90年代に、貿易業を営む父の手伝いで来日。スカウトをきっかけにTBS系「さんまのスーパーからくりTV」などテレビ番組に出演し、独特の日本語と天然ボケキャラでブレークした。2000年代には格闘技イベントでボブ・サプや曙、チェ・ホンマンらと戦うなど格闘家としても活躍した。07年ごろ日本国籍を取得している。

ボビーさんは04年に格闘家としてデビューしている事から、その腕力はとてつもないものであることが分かります。

そんな腕力を格闘家でもない人のうえ、自身の妻に手を挙げるなど言語道断です。。。いかなる理由があるにせよ女性に手をあげるのはいけませんね。

近田きょうこ プロフィール

  • 名前:近田きょうこ(こんだ きょうこ)
  • 年齢:46歳
  • 前職業:保険会社勤務

 

ボビーとの馴れ初めは?

ボビーさんと近田きょうこさんの馴れ初めはと言うとボビーさんが東京のBARにいた近田きょうこさんに一目惚れして、アタックの末に交際を開始したことが明らかになっています。

いわゆるナンパですね!

その後、ボビーさんが生まれ故郷のナイジェリアに帰国する際も、きょうこさんはついていき、なんと1年も滞在していたのだそう。

そんなきょうこさんの献身的な姿に結婚を決意したボビーさんは1999年結婚しました。現在は二男三女という子宝に恵まれて幸せな毎日を送っているよようです。

ボビーさんは2007年頃から本名ではなく、奥様の性を名乗り「近田ボビー」という名前を使用していた事から家庭環境も良好かと思っていたのですが今回の事件、非常に驚きました。。。

夫婦仲は以前から悪化していたのでしょうか?

性格が強い?

以前ボビーさんがインタビューを受けた際に奥様についてコメントしていました!そのコメント内容が奥様の性格がわかる!と話題になっています。

  • 一夫多妻制をしそうになったらうちの奥さんんい言われるんですよ。「ここはナイジェリアじゃねえから」って笑

  • ナイジェリアでは停電になったり、いろいろ不便なことがあるわけですよ。それでも耐え抜いたから、もしかしてこの人が僕の奥さんなのかなと思って結婚しました。

いやいや、一つ目は完全にボビーさんが悪いですよね。。。しかしながら否定する奥様の口調も強そうに感じます。言葉のやり取りから主導権を握っているのは奥様ではないでしょうか?

そして二つ目のコメントでも通常の日本人女性ならこの状態で1年間もいたら根をあげますが、きょうこさんは耐え抜いたとありますので気の強い部分も持ち合わせていることが分かります。

顔画像を調査!

近田きょうこさんは一般人である事からメディアでほとんど姿を表しません。以前にボビーさんの家族をインタビューする企画がTVで放送された際にも奥様の顔にはモザイクがかかっており素顔を見た人はほとんどいないのでは?

当サイトでもネットやSNSを駆使して調査しましたが顔画像は見つかりませんでした。スミマセン。。。

ネットの声

  • ボビー自宅前でDVはあかんな

  • ボビーオロゴンが逮捕されてしまいました。本当に悲しいです。

  • ボビーの奥さん超美人なんだね!!口調はきつそうだけど…笑

  • ボビーの妻大丈夫なの? ボビーに殴られたら大怪我やん

最後に

ボビーさんの嫁(奥様)である近田きょうこさんについて調査しました。結果的には詳しい情報や顔画像などはありませんでした。

この事件でお二人の今後の関係がどうなるのか注目されていくことでしょう。出来ることなら子供達のためにも離婚という結末は避けたいものです。