この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ワタナベマホトさんをご存知でしょうか?

SNS世代ならほとんどの方は知っていることでしょう!

そうです!あの超人気YouTuberのワタナベマホトさんが同居していた彼女に対し暴行し逮捕されました・・・

その後、程なくして自身の公式チャンネルで謝罪動画を公開し、活動休止まで発表しています。

一方で気になるのは同棲中の彼女です。

噂では現在19歳の「京佳」さんではないかとの言われています。

さて、京佳さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細は?

今回の事件の要点をまとめてみました。

・ワタナベマホトさんは酒に酔っていた

・同居している彼女と口論になった

・口論の内容は女性関係

・彼女に対し殴った上に、顔を踏みつけた。

・彼女の怪我は全治2週間

・現在は和解した

このような経緯で事件に発展し逮捕されたのです。

注目すべき点は口論の内容ですね!

内容はというと「女性関係」とあります。

ここまでくるとワタナベマホとさんの浮気を疑って口論に発展したものと思われます。

しかし、酒の勢いとは言え女性に手を出してしまうのは完全アウトですね・・・

因みにこちらがワタナベマホトさんの謝罪動画になります。

ワタナベマホト プロフィール

名前:ワタナベマホト

本名:渡邊摩萌峡

生年月日:1992年12月8日(25歳)

出身地:大分県米水津市

職業:YouTuber

所属事務所:UUUM

経歴

ワタナベマホとさんは今でこそトップYouTuberに君臨していますが、そのルーツは中学校の時にありました。

なんと中学2年生にもかかわらず動画投稿を開始していたのです!

およそ12年前くらいでしょうか?

その当時はユーチューバーのユの字すら聞かなかった時代です!

そんな中、周りからの理解は当然ありませんでしたが、自身を信じ動画投稿を続けていました。

偶然ブレイクというよりは苦労を重ねて上り詰めた苦労人なんですね。

その当時は「サシマン」という名前で活動していましたが、途中で本名の「ワタナベマホト」に変更しています。

その後はユーチューバーだけではなくラッパーとして活躍したり、2013年にはアーティストのTOMOYAさんと一緒に「REBERTAS」というアパレルブランドまで立ち上げており、マルチな才能の持ち主だということが分かります。

スポンサードリンク

彼女は京佳?

ワタナベマホトさんが同棲していた彼女に注目が集まっています。

ネットやSNSを駆使して調査した結果「京佳」さんという人物にたどり着きました。

まずは京佳さんを知らない方のためにプロフィールから見ていきましょう。

京佳 プロフィール

名前:京佳(きょうか)

愛称:きょうたん、きょうちゃん

生年月日:1999年12月2日(19歳)

出身地:埼玉県

血液型:B型

身長:155cm

趣味:習字

好きなもの:スヌーピー

元アイドル?

京佳さんは小学3年生の時にタンバリンアーティスツに所属し、芸能活動を開始しています。

2012年6月には「夢見るアドレセンス」というアイドルグループに所属しました!

その後は舞台やDJ、グラビア、女優、YouTuberと多種多彩な活動をしており、2019年4月をもって夢みるアドレセンスを卒業を発表したばかりでした。

顔画像は?

京佳さんの顔画像をインスタでチェックしてみましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京佳さん(@kyouka_1202)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京佳さん(@kyouka_1202)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京佳さん(@kyouka_1202)がシェアした投稿

とても可愛らしいですね〜

まだ19歳ですから幼さの残る顔立ちをしています。

しかし、25歳のワタナベマホトさんと19歳の京佳さん。同棲はいかがなものでしょうか?

法律的には真剣交際であれば問題はないのですが、モラル的にはあまり良くないように感じます・・・

以前からワタナベマホトとの噂が!?

今回の騒動で京佳さんのwikipediaにもワタナベマホトさんとの騒動が記載されているのでお二人が同棲し恋人関係にあったことは間違い無いでしょう。

しかし、これはファンの間では今に始まった噂ではありませんでした。

過去にも以下ようなことがありました。

・2人とも同じパーカーを着ていた

・インフルエンザ予防として投稿した時の飲み物が同じ

この時にはすでに恋人関係にあったことでしょう。

スポンサードリンク

ネットの声

 

最後まで閲覧していただきありがとうございました。