この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

女子卓球の木原美悠さんが話題になっています!

なんと、全日本卓球選手権2019で中学生にもかかわらずあの平野美宇選手に勝利したのです。

彗星のごとく現れて快進撃を続ける木原美悠さんとはどのような人物なのでしょうか?

詳しく調査していきたいと思います。

木原美悠 プロフィール

名前:木原美悠(きはら みゆう)

生年月日:2004年8月3日(14歳)

出身地:兵庫県明石市

現在の住所:東京都北区

身長:163cm

所属:JOCエリートアカデミー

経歴

木原さんが卓球を始めたのは4歳の時です。

なんと父親が元卓球選手で自身で卓球教室の「ALL STAR」を運営していたせいか、姉と兄も卓球選手となり、生まれつき卓球が身近にあったようです。

木原美友さんは小学生時代には卓球センスがズバ抜けており、2011年のバンビの部(小学生2年生以下)で全国優勝を果たしています!

更にブランク知らずの木原美悠さんは数々の大会で優勝しています。

・小学4年生(全国ホープス卓球大会 カブの部)優勝

・小学5年生(全日本卓球選手権 カデットの部)優勝

・小学6年生(全日本卓球選手権 ホープスの部 カデットの部)優勝

このように小学生時代は敵なし状態だったようですね。中学生になると「JOCエリートアカデミー」に入校しています。

顔画像や卓球動画は?

木原美悠さんの顔画像がカワイイと話題になっています。

確かにまだあどけなさが残る可愛い女の子のように見えます!

がしかし、卓球ともなるとこのかわいい女の子があの平野美宇さんに勝利してしまうのですから末恐ろしいですね・・・笑さすが「福原愛二世」と言われるだけはありますね。

韓国人説!?

さて、木原美悠さんを調べていると「韓国」というワードが出現しています。

まさか、韓国人なのか?早速、韓国人説について調べてみました。結果的に言うと韓国人ではありませんでした。どうやら、卓球の試合で「韓国オープンU-21」の試合が2018年7月に行われその際に韓国人選手と見間違えられたようですね。

なので、木原さん一家は純血日本人で間違いありません。

中学校はどこ?

木原さんの学歴を見てみましょう。

小学校は地元兵庫県の「明石市立二見西小学校」に入学し、中学校もそのまま「明石市立二見中学校」に進学していることが判明しました。噂では、中学校の卓球部には所属しないで、自宅の卓球教室で練習をしているとのこと。

強すぎて、対等に練習できる相手がいないとも言われています。強すぎるのも辛いものがありますね。笑

姉もかわいい!

木原美悠さんの姉もかわいい話題になっています。実際の顔画像がTwitterにアップされていました。

兄弟は4人兄弟のようですね。姉は真ん中のようですが、確かに綺麗な女性ですね〜。

父親の指導方針が凄い!

木原美悠さんの父親は「木原博生(ひろき)」さんという方で元卓球選手でした。現在は卓球教室で卓球を指導しているのですが、指導方法が話題になってます!

なぜならば、ゲーム感覚で練習させたというのです!内容は単純で指示通りやらせる練習ではなく、自由にゲーム感覚で練習させたと言います。

練習という枠にとらわれないことで、練習=辛いというイメージを崩したかったのでしょう。この斬新な練習法が結果として木原美悠さんのような強い選手を作り上げたのでしょうね。

最後に

木原美悠さんについて書かせていただきました。

今後間違いなく、女子卓球界で嵐を巻き起こしてくれることでしょう。

これからの活躍に規定していきたいですね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。