この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんばんは。コメ太郎です。

悲しいニュースが飛び込んできました。

なんと、サッカー元日本代表の田口光久さんがお亡くなりになられました。

まだ64歳という若さでこの世を去ったことから死因や病気などについて注目が集まっています。

そこで田口さんの人物像や死因などについて詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

田口光久さん死去

田口光久さんの訃報は11月12日の夜20:00前後に一斉に報道されました。

メディアではこのように報道されています。

 田口 光久氏(たぐち・みつひさ=サッカー元日本代表GK)12日午前3時2分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去、64歳。秋田市出身。葬儀・告別式は18日午後1時から東京都新宿区上落合3の4の12、最勝寺会館で。喪主は長男直樹(なおき)氏。

 ゴールキーパーで秋田商高から三菱重工(現J1浦和)入りし、日本代表では国際Aマッチ59試合に出場。引退後は青森山田高などで監督を務めたほか、テレビのバラエティー番組でも活躍した。

出典元:サンスポ

田口光久 プロフィール

名前:田口光久(たぐち みつひさ)

ニックネーム:ダンゴ、ラーメンおやじ

生年月日:1955年2月14日(64歳)

出身地:秋田県秋田市

身長:175cm

体重:74kg

経歴は?

田口光久さんは高校卒業後三菱重工サッカー部にて活躍します。

三菱重工は現在の浦和レッドダイヤモンズですね。

1976年には日本代表にまで選出されました。ポジションは言わずと知れた(GK)ゴールキーパーです。

現役時代は59試合に出場し、引退後は指導者として秋田経法大附属高校や青森山田高校のサッカー部の監督として活躍します。

一方で、その人柄や、体型の面白さからバラエティー番組にも度々出演するようになり「とんねるずの生でダラダラでいかせて」に出演し、名物コーナーのPK対決にはよく出演していましたね。

世代の皆さんは必ず良いっていいほどテレビで目にしたのではないでしょうか?

スポンサードリンク

死因は一体?

さて、田口光久さんの死因について迫ります。

報道では呼吸不全のために亡くなったと報道されています。

確かに死因は呼吸不全ですが、呼吸不全になる背景にはなんらかの病気がないと64歳という若さで亡くなるには早すぎます。

病気説も!?

田口光久さんは最近めっきりテレビで見なくなっていましたので、病気説が囁かれていました。

しかし、ネットなどでくまなく調べてみても病名などは見つけることができませんでした。

近年の顔画像を見たところ、肥満化していたようにも見て取れます。

これは予測ですが糖尿病などの病気を患っており、これが重症化した可能性も考えられます。

とにかく、明るく前向きな性格の田口さんですから仮に病気になっていたとしても公表していなかったでしょうね。

現在の顔画像は?

田口光久さんの現在の顔画像をチェックしてみました。

最近のもので言うと2018年4月に撮られた写真でした。

不祥事内容とは?

人物像を詳しく探るべく調査していると気になるキーワードが浮上していることに気がつきました。

それは「田口光久 不祥事」です。

一体どのような内容なのか?

調査を進めましたが、不祥事に関する内容のものは見つかりませんでした。

一体なぜこのようなワードが出現していたのかは謎です。

田口さんのような知名度がある人物が不祥事を起こせばあっという間に情報は広がりますから、ガセネタの可能性もあり得ます。

スポンサードリンク

 

最後に

田口光久さんの死因や現在の顔画像、病気説について調査しました。

結果的に言うと情報は明かされていないことから、身内の人物や親しい人物のみ共有されていることなのかもしれません。

このことから、今後も病気説などについては明かされる可能性は低いかもしれませんね。

今は田口光久さんおご冥福を心よりお祈りいたします。