この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

陸上の荒井七海選手が話題です!

アメリカオレゴン州ポートランドにて、5月29日(現地時間)、ポートランド・トラックフェスティバルの最終日が行われ、男子1500mで荒井七海選手(Honda)が3分37秒05の日本新記録を樹立しました!

荒井七海選手はどのような方なのか、プロフィールやインスタ顔画像、結婚などについて調査してみました。

スポンサーリンク

荒井七海(陸上選手)が男子1500mで日本新記録!

アメリカオレゴン州ポートランドにて、5月29日(現地時間)、ポートランド・トラックフェスティバルの最終日が行われ、男子1500mで荒井七海選手(Honda)が3分37秒05の日本新記録を樹立しました!

先頭が3分33秒台というレースで12着でしたが、この種目としては、2004年7月に小林史和元選手が記録した3分37秒42という日本記録を17年ぶりに塗り替えました。

なお、荒井七海選手のこれまでの自己ベストは、2019年に出した3分38秒18でした。

荒井七海(陸上選手)のプロフィール

  • 名前:荒井七海(あらい ななみ)
  • 生年月日:1994年12月26日(26歳)
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 身長:169cm
  • 体重:59kg
  • 出身中学校:千葉県船橋市立御滝中学校
  • 出身高校:八千代松陰高校
  • 出身大学:東海大学
  • 所属:HONDA

荒井七海(陸上選手)の経歴について

陸上の荒井七海選手は、千葉県船橋市立御滝中学校、八千代松陰高校を経て東海大学に進学し、2015年の日本選手権では1500mを制しています。

また、東海大学時代に箱根駅伝の4区を走っていましたが、区間20位という記録に終わっているため、長距離よりも中距離の方が得意ということが分かります。

今回日本記録を樹立したのは1500mですが、2020年には1500m(室内) で3分39秒51という日本記録をマークしていて、1マイル(室内)で3分56秒60という日本記録も持っています。

スポンサーリンク

荒井七海(陸上選手)のインスタ顔画像!

調べたところ、荒井七海選手は、インスタグラムやツイッターなどのSNSのアカウントを持っていないようなので、SNS上で荒井七海選手本人が投稿された顔画像を見ることはできません。

しかし、荒井七海選手はHONDA所属なので、「Honda 陸上競技部」の選手・スタッフ紹介のページには、荒井七海選手の顔画像が掲載されていました。

荒井七海(陸上選手)に結婚した嫁はいるか?

男子1500mで日本新記録を樹立した陸上の荒井七海選手は現在26歳ですが、結婚はされているのでしょうか?

調べたところ、荒井七海選手は2020年6月20日に荒井恵理子さんという女性と結婚されていることが分かりました。

荒井恵理子さんは、

  • ランナー
  • トレイルランナー(舗装されていない山などを走る中長距離走の一種)
  • 管理栄養士
  • 日本スポーツ栄養学会員

などをされている方で、下記のSNSアカウントを持っていて、顔画像も公開しています。

  • ツイッター(アカウント名:Eriko Arai、ユーザー名:@eeeriko_k)
  • インスタグラム(アカウント名:@eeeriko.k、名前:荒井 恵理子 / Eriko Arai)

美人な奥さんですし、管理栄養士などをされているということなので、荒井七海選手の食事の管理はバッチリですね!

荒井恵理子さんの年齢は分かっていませんが、荒井七海選手と同じぐらいに見えますね。

日本人の平均初婚年齢は、男性は30歳ぐらい、女性は28歳ぐらいとなっているため、荒井七海選手と荒井恵理子さんご夫婦は平均よりやや早めにご結婚されていますが、お子さんがいらっしゃるという情報はなかったため、デキ婚ではないようですね。

ネットの声

5月29日(現地時間)にアメリカオレゴン州ポートランドで行われたポートランド・トラックフェスティバルの最終日にて、男子1500mで日本記録を樹立した荒井七海選手について、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • ( ´・∀・)おほー

  • 400mを57秒ペース。 100mを14秒台で走るペース…。

  • 荒井選手すごすぎる!!そして、荒井七海選手の奥さんがめちゃめちゃ美人!!

  • 改めて44年前の記録が今でも10傑に残っている凄さ。長らく破られなかった日本記録でもあった。

  • 日本新はもちろんすごいんだけど、十傑に高校生の記録があるというのが笑える

スポンサーリンク

 

最後に

5月29日(現地時間)にアメリカオレゴン州ポートランドで行われたポートランド・トラックフェスティバルの最終日にて、男子1500mで日本記録を樹立した荒井七海選手について書かせていただきました。

荒井七海選手は1500m、1500m(室内)、1マイル(室内)の日本記録を樹立していて、2020年にランナーや管理栄養士などをされている荒井恵理子さんとご結婚されたことが分かりました。

今後の活躍にも期待したいですね!