スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

プロデューサーの和田直希さんが話題になっています!

和田直希さんは、4人組ガールズグループ「Youplus」のプロデューサーや人気バンド「SEKAI NO OWARI」のクリエイティブディレクターをされていて、ボーカルのFukaseさんと共にアパレルブランド「badmood」も手がけられており、雑誌「TOKYODOT」の共同編集長でもあります。

プロデューサーの和田直希さんはどのような方なのか、経歴やインスタ顔画像、嫁、子どもなどについて調査してみました。

スポンサーリンク

和田直希(プロデューサー)経歴!

プロデューサーの和田直希さんは、学生時代に1度不登校になり、15歳で家出をしたりホームレスになったりしたという経験があるそうです。

しかし、大阪府寝屋川市にある偏差値66の私立高校「同志社香里高等学校」を卒業されていて、1998年、18歳の時に起業し、エンタメとファッションに特化したビジネスやレーベルの運営などを行ってこられました。

20代前半には仕事の主軸を音楽事業からライフスタイル事業に移行しましたが、インドネシアで事業をしてた叔父が2008年に病気になってしまい、「継いでほしい」と頼まれたのをきっかけに、ご自分の事業を売却してインドネシアに移住されました。

そして、「PT.MATSUZAWA PELITA FURNITURE INDONESIA」のCEOに就任し、東南アジア最大手家具OEM工場に成長させ、2014年6月には「KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.」のFounder & CEOに就任されました。

2018年には、自分にぴったりの家具をオーダーできるサービス「Yourniture.」を運営するユアニチャー株式会社の代表取締役CEOに就任します。

同年、SEKAI NO OWARIのライブ「INSOMNIA TRAIN」を観て感動し、常に変化・進化し続ける姿に共感したことをきっかけに、2019年4月にSEKAI NO OWARIのグローバルプロジェクト「END OF THE WORLD」のクリエイティブディレクターに就任されました。

そして、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseさんが2020年に立ち上げたアパレルブランド「BADMOOD」も一緒に手掛けられていらっしゃいます

他にも、2021年に、

  • 元アンジュルムの中西香菜さん
  • 元乃木坂46の川後陽菜さん
  • 元モーニング娘。の尾形春水さん
  • 元フェアリーズの林田真尋さん

で結成されたガールズグループ「Youplus」のプロデューサーも務められたり、益若つばささんが編集長を務められている雑誌「TOKYODOT」でW編集長も務められたりしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

和田直希(プロデューサー)のインスタ顔画像は?

https://twitter.com/wadanaokii/status/1460588333914943490

プロデューサーの和田直希さんは下記のSNSアカウントを持っていて、ご自身の顔画像も投稿されています。

  • ツイッター(名前:Naoki Wada | 和田 直希、ユーザー名:@wadanaokii)
  • インスタグラム(名前:Naoki Wada、アカウント名:@wadanaokii)

プロデュースをしている「Youplus」や「SEKAI NO OWARI」のことを投稿されることが多いようですね。

和田直希(プロデューサー)は既に結婚し嫁と子供の存在も

プロデューサーの和田直希さんは2022年3月現在41歳で、関西には奥さまとお子さんがいらっしゃいます。

和田直希さんは東京で仕事をされることが多いので、平日はほとんど関西に帰ることはなく、土日も仕事で帰れないこともあるようで、普段は高級ホテルを長期で契約して生活しているそうです。

和田直希さんの奥さまやお子さんの名前や顔画像などについては明らかになっていませんが、2011年頃には、

  • 嫁が誕生日プレゼントでMac Book Airをくれた
  • ランカウイ島のフォーシーズンズホテルのイタリアン・セライはもう一度嫁にプロポーズしたくなるくらい良かった

といったツイートもされていました。

ネットの声

4人組ガールズグループ「Youplus」のプロデューサーや「SEKAI NO OWARI」のクリエイティブディレクター、雑誌「TOKYODOT」の共同編集長などを務められている和田直希さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • え?和田直希さん?

  • 41の大人というのなら、そもそも誤解を招く行動はしないだろう。

  • どうせニュースバリューあまりないと当人たちも自覚しているから言い訳もあまり練ってなくてぞんざいだな

  • 細かいこと言うとendのプロデューサーであってセカオワのプロデュースには関わってないんじゃなかったっけ?

  • インスタライブやることになりましたね 興味ないけど

 

最後に

4人組ガールズグループ「Youplus」のプロデューサーや「SEKAI NO OWARI」のクリエイティブディレクター、雑誌「TOKYODOT」の共同編集長などを務められている和田直希さんについて書かせていただきました。