この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

最近、「体罰」が何かと話題になっています。

体罰のワードが出たキッカケは体操の宮川紗江選手の体罰が問題になったからですよね!

現在もまだ収束には向かっていないようです。

そんな中、また新たな体罰問題が出てきました!

女子バレーで強豪校の埼玉県深谷市にある「正智高校」で女子バレー部の監督が部員に体罰をしていたのです!

男性監督の名前は森田忠広さんという方です。

一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

体罰の詳細は?

 

埼玉県深谷市の私立正智高校で女子バレーボール部監督だった男性教諭(47)が部員に体罰を繰り返し、監督を解任され、減給処分を受けていたことが関係者の取材で分かった。

この教諭は2012年にも部員への体罰で口頭注意を受けていたがその後も体罰が続いていたという。

学校場処分とあわせ、生徒と保護者に謝罪をした。

学校や関係者によると今年4月、生徒から教頭に「女子バレー部で体罰があるようだ」と相談があった。

学校側が聞き取りをした結果、少なくとも過去2年にわたり、至近距離からボールをぶつけたり、暴言をはいたりする行為が確認され、学校側は5月の理事会で教諭を減給10分の1(3ヶ月)の処分とした。

教諭は「うまくなってほしいという思いがいきすぎた。大変申し訳ない」と話しているという。

この教諭をめぐっては12年体罰を受けた部員たちが部活をボイコットするなどした結果、当時の校長が口頭で注意をしていた。加藤慎也校長(50)は「結果的に繰り返されてしまい。申し訳ない。

体罰防止を徹底していきたい」と話した。

引用元:朝日新聞

森田忠広 分かっていること

名前:森田忠広(もりた ただひろ)

年齢:47歳

職業:正智高校教諭

担当:女子バレー部監督

森田忠広さんは一般人のため、プロフィール情報などは公開されておりませんでした。

過去にも同様の体罰問題を起こしていたようです。。。

顔画像は?

森田忠広さんの顔画像について調査しました。

正智高校の女子バレーの試合の画像を中心に調査してみましたが、発見には至りませんでした。。。

もし、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら当サイトまでお寄せください。

スポンサードリンク

体罰内容がヤバイ!

さて、今回体罰を起こしてしまった森田忠広さんですが体罰内容を再確認してみましょう。

・至近距離からボールをぶつけた

・「出て行け」などの暴言を吐いた

この行為を2年間も続けていたようです。

高校生といえば思春期真っ只中で、心も体も大切な時期です。

そんな時期に自身のバレーに対する熱い想いをこのような形でぶつけることは断じて許される行為ではありません。

嫁や子供は?

現在47歳ですから結婚している可能性は高そうですよね。

ネットでは結婚に関する情報がなかったので、SNSを駆使して調査しました。

FacebookやTwitterは本人と思われるアカウントはありませんでした。

インスタについてはそれらしきアカウントはあったものの、まだ本人とは断定できておりませんのでなんとも言えません。

ネットの声は?

この体罰問題に対しネットでも厳しい声が出ています。

・なんで学校の指導として体罰が罪にならないの?

・2年間も続けていたなんて信じられない。

・過去のパワハラ時の口頭注意が全く反省されていない

・処分が3ヶ月間の減給なんて大甘

・コレは完全に犯罪、逮捕しろ!

スポンサードリンク

 

最後に

女子バレー部監督による体罰問題を起こした事件について書かせていただきました。

ネットの声もあるように、学校側の処分が軽すぎるように感じてしまいます。

これでは、日本から体罰がなくなることは遠い先になりそうです。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。