この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

フェンシングの島村智博さんが話題になっています!

東京オリンピックのフェンシングの第1回戦が7月24日に千葉県の幕張メッセで行われ、日本史上最年長の37歳で初の出場権をつかんだ島村智博選手も出場されたのですが、アメリカのアンドリュー・マキウィッツ選手に13-15で敗れてしまいました

島村智博選手はどのような方なのか、プロフィールや経歴、キレイと話題の嫁などについて調査してみました。

スポンサーリンク

島村智博(フェンシング)のプロフィール

  • 名前:島村智博(しまむら ともひろ)
  • 生年月日:1984年2月13日(37歳)
  • 出身地:東京都江戸川区
  • 身長:174cm
  • 体重:74kg
  • 血液型:O型
  • 出身大学:専修大学
  • 所属:警視庁

島村智博(フェンシング)の経歴

島村智博選手は、江戸川区立葛西小学校、江戸川区立葛西中学校を経て、高校は東京都中野区にある偏差値52~59の私立高校「東亜学園高等学校」に進学し、フェンシング部の勧誘を受けたことがきっかけで15歳からフェンシングを始めました

大学は神奈川県川崎市にある偏差値50~55の私立大学「専修大学 生田キャンパス」の経営学部に進学され、大学時代は全国大会4強が最高でしたが、その後、ハンガリーで修行をしたり、警視庁の鍛錬で力をつけたりして、2013年から2016年まで全日本選手権を4連覇しました!

しかし、2016年3月のリオデジャネイロオリンピックの出場をかけて挑んだ国際大会での結果は142人中75位で、この時島村智博選手は32歳で、半年前に右ひざを痛めていたため、引退しようか悩んだということです。

そんな時、足のリハビリで通った東京のナショナルトレーニングセンターで、オリンピック出場経験のある選手たちから「オリンピックは最高の舞台」「メダルを取ると人生が変わる」と言われ、再挑戦することを決めました。

その後、2019年のアジア選手権で15位、全日本選手権で準優勝、国際フェンシング連盟が定めるオリンピック出場に向けた個人ランキングでは日本勢3番目の60位で、東京2020オリンピックで初めてのオリンピック出場を叶えました。

7月24日に行われたフェンシングの男子サーブル1回戦では、アメリカのアンドリュー・マキウィッツ選手に13-15で敗れて初戦敗退となってしまいましたが、7月28日に行われる男子サーブル団体3回戦にも出場予定で、エジプトと対決する予定となっています。

スポンサーリンク

島村智博(フェンシング)の顔画像は?

島村智博選手はインスタグラムのアカウント(名前:TOMOHIRO SHIMAMURA、アカウント名:@tomoshima213)を持っていて、ご自身の顔画像も投稿されています。

トレーニングの様子や仲間との画像、ご飯の画像などを多く投稿されていますね。

島村智博(フェンシング)の嫁がキレイと話題!

フェンシングの島村智博選手の、キレイと話題の奥さまは友美さん(36歳)です。

友美さんは大学3、4年生の時にフェンシングで日本代表に選ばれたアスリートであり、大学卒業後は、地元の宮崎県で体育教師として働いていました。

その後、2004年に島村智博選手との交際をスタートさせ、島村智博選手の才能を認め、「この人ならオリンピックに行ける」と思っていたということです。

そして、お2人は2010年に結婚して、結婚式の時には「2人でオリンピックを目指します」と宣言し、結婚を機に友美さんは上京して、栄養バランスの取れた食事を用意したり、結果が出ない時も「あなたは強い」と励ましたりと、島村智博選手をサポートし続けてきました。

島村智博選手が再びオリンピックを目指し始めた時には、瞑想しながら体幹や深層筋を鍛えるピラティスを勧めて、二人三脚でオリンピックを目指し、今年4月25日に島村智博選手が代表に決まったと連絡があった時は涙を流したということでした。

島村智博選手は、「読売新聞オンライン」の取材を受けた際、2014年に全日本選手権を制した時の友美さんとの2ショット画像を提供していましたが、友美さんは凛とした感じのキレイな奥さまです!

ネットの声

東京オリンピックのフェンシングの第1回戦に日本史上最年長の37歳で出場し、アメリカのアンドリュー・マキウィッツ選手に13-15で敗れた島村智博選手について、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • みんな頑張ってはんのに士気が下がるわ、ほんまに!

  • 残念

  • 初戦敗退は残念。フェンシングは相手との相性とか、流れとかが影響するからね。

  • 島村と試合して1分足らずで負けたことある(匂わせ)

  • 頑張れ!島村智博

スポンサーリンク

 

最後に

東京オリンピックのフェンシングの第1回戦に日本史上最年長の37歳で出場し、アメリカのアンドリュー・マキウィッツ選手に13-15で敗れた島村智博選手について書かせていただきました。

島村智博選手は、7月28日(水)に行われる男子サーブル団体3回戦にも出場されますので、団体戦でのご活躍をお祈りしたします。