この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。コメ太郎です!

今日はスポーツで注目のニュースが飛び込んできました!

競歩選手の山西利和さんが世界選手権で金メダルを獲得しました。

東京オリンピック代表にも内定し、ますます注目が集まる選手です。

今日はそんな山西利和選手について調査していきます。

スポンサードリンク

世界選手権の詳細

陸上の世界選手権、競歩20キロで、山西利和選手が金メダルを獲得した。

男子20キロ競歩・山西利和選手「うれしいのとホッとしているのと。また、ここで勝ったことで見える景色とか、また、次が見えて来ると思いますので、そこに向かっていきたいです」

日本時間5日朝におこなわれた男子20キロ競歩。京都大学出身の23歳、山西選手は7キロ過ぎでトップにたつ。

気温30℃を超える中でもレースを引っぱり、トップでフィニッシュ。この種目、日本勢初の金メダルを獲得し、東京オリンピック代表に内定した。

 

山西利和 プロフィール

名前:山西利和(やまにし としかず)

生年月日:1996年2月15日(23歳)

出身地:京都府長岡京市

身長:164cm

体重:54kg

所属:愛知製剛

経歴は?

山西利和さんの経歴を見てみましょう。

生まれは京都の長岡京市ですが、父親の仕事の影響で幼少期は東京都港区で過ごします。

その後も度々、父親の仕事で居住地を変えています。

小学校時代は静岡県静岡市で過ごし、中学校になると生まれ故郷の京都府長岡京市で過ごします。

学校も転々としていたことから、少々寂しい時代を過ごしていたことが分かります。

さて、幼少期の運動神経ですが、もちろん幼い頃からスポーツ万能かと思いきや、実は運動が苦手だったようです!

なんとも信じがたい事実ですが、実際に小学校のマラソン大会の順位は後ろから数えた方が早かったようです。。。

競歩やマラソンはまさに持久力が勝負の世界!

ではいつから持久力がついたのかというと、マラソンが苦手だった小学校時代だったのです。

なんとマラソン大会の順位が悪かったその後、小学校のマラソンイベントで自分が走った分だけ色が塗られるすごろくが配られてからというもの、山西利和選手はそれが面白く、どハマりしたんだとか!

すごろくの色を塗るため、毎朝授業が始まる前に校庭を走ることが日課となったようで、徐々に持久力がついたものと思われます。

中学校は長岡京市立長岡第三中学校に進学し、陸上に所属してから競歩に出会い本格的に練習を開始!

高校3年生になる頃には世界ユース選手権10000mで金メダルを獲得するまでに成長し、まさにアスリートの仲間入りを果たした瞬間でした。

スポンサードリンク

出身高校は?

山西利和選手の出身高校に注目が集まっています。

高校時代は京都府にある堀川高校に在籍していました。

偏差値は65−72というまさに進学校なのです。

このことから山西選手は頭脳もトップクラスのようですね。

大学はどこ?

続いて大学ですが、なんとこれまた一流大学の京都大学に籍を置いていました。

偏差値はというと驚異の66−72だとのこと。

学部は工学部物理学科に現役合格したというから驚きです。

このことから、体と頭をストイックに鍛えていたことが分かります。

まさに文武両道とはこのことでしょう。

顔画像は?

山西利和選手のことを知らない方のために顔画像もチェックしていきましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本陸上競技連盟(JAAF)さん(@jaaf_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「チームがんばれ!ニッポン!」さん(@team_nippon)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

N・Kondoさん(@kyousei_sa80)がシェアした投稿

スポンサードリンク

 

最後に

競歩の世界選手権で金メダルを獲得した山西利和選手について書かせていただきました。

今後、いや、東京オリンピックでは間違いなく活躍してくれる選手でしょう。

今後の活躍に期待していきたいですね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。