スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

前原剛(まえはら つよし)さんが話題になっています!

栃木県足利市出身で慶応大学2年生の前原剛さんは2月25日、ウクライナの首都・キエフでシェルターに避難していて、ウクライナの支援を願いながら、現地からツイッターで状況を発信しています。

前原剛さんはどのような方なのか、Twitterで恐怖の声を上げていることや慶応大学に通っていること、逆張りでキエフに言ったと言われていること、日本の対応などについて調査してみました。

スポンサーリンク

【顔画像】前原剛さんtwitterで恐怖の声!

2月24日、ロシアがウクライナに侵攻し、両国の間で軍事衝突が発生したため、日本の外務省はウクライナへの渡航中止を勧告しており、ウクライナの危険度をレベル4の「退避勧告」に引き上げる措置を講じているのですが、前原剛さんはウクライナの首都・キエフに取り残されているということです。

前原剛さんはキエフでシェルターに避難しており、ご自身のツイッター(名前:Tsuyoshi Maehara / 前原 剛、ユーザー名:@TsuyoshiMaehara)にて、

  • 寒さと恐怖の狭間、もしものために文章を残す
  • ロシアのミサイル、工作員のテロ、外気の凍てつく寒さ、何が何だか分からず、辛い
  • こんなに枯れた涙が流れたことはない
  • ずっと我慢していたけどもう涙が止まらない。何のためにこんな酷いことをするの。

といった恐怖の声を上げています。

また、前原剛さんはツイッターでご自身の顔画像も投稿されていて、最近のツイートではマスクをしているものが多いですが、2016年にはマスクをしていない状態の顔画像も投稿されていました。

スポンサーリンク

前原剛さんは慶應大学生

前原剛さんは慶応大学の2年生です。

前原剛さんは2019年12月に「やっと合格した実感が湧いてきました。」というツイートをしていて、「#総合政策学部」「#體育會柔道部」と書かれていました。

そのため、慶応大学総合政策学部の2年生で、柔道部に所属していることが分かります。

しかし、慶応大学を休学しているという情報もありました。

なお、高校は国学院栃木高校だったと報じられています。

前原剛さんは逆張りでキエフ!

前原剛さんはなぜ、そしていつウクライナに行ったのでしょうか?

元々、前原剛さんは慶応大学を休学し、ポーランドを拠点にヨーロッパ旅行をしていたという情報がありました。

スポンサーリンク

そして、ロシアがウクライナ侵攻を開始する前日、2月23日の夜に“挑戦”と称してキエフに入ったということです。

この時点ではロシアはウクライナに進行していませんでしたが、両国は緊張状態にありました。

さらに、前原剛さんは日本の外務省がウクライナ全土に退避勧告を出していたことを2月12日時点で把握していたことが分かっており、「異国の地キエフで死なない程度に挑戦を続けます」というツイートもしていたそうです。(ツイートは削除済み)

そのため、“逆張り”でキエフに行ったと言われているようです。

しかし、下野新聞の情報によると、前原剛さんはITを学ぶために2022年1月にキエフに留学していたということで、ウクライナ侵攻を知ったのも2月24日の朝と報じられていました。

前原剛さんに対する日本の対応は?

ウクライナの首都・キエフでシェルターに避難していて、現地から恐怖の声をツイッターで届けている前原剛さんについて、日本はどう対応するのでしょうか?

現時点で、日本が前原剛さんの件についてどう対応するのかについては明らかになっていません。

ネットの声

ウクライナの首都・キエフでシェルターに避難していて、ウクライナの支援を願いながら、現地からツイッターで状況を発信している栃木県足利市出身で慶応大学2年生の前原剛さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 状況から言って救いようがない。「前原」と本名を出してしまってるのも愚か。

  • 話題づくりのために、わざわざキエフに戻った慶應義塾大学2年の前原さんですね よく知ってます

  • 多大な迷惑かけて成人してるのに何してんの?殺されたらどうしたの?馬鹿なんじゃないの?と思うけど 若気の至りだし一回はしょうがないんじゃない?

  • 自業自得だと思う。現地で邦人救護に尽力する在ウクライナ大使館員や、必死に戦うウクライナ人の足手まといになる日本人がいるのは恥ずかしい。

  • 先日見た時はとにかく生き延びますようにって願ったけど、このご時世でヨーロッパを飛び回れるほどの裕福な家庭の大学生が「死なない程度に」戦地になるウクライナで刺激求めてきま〜す、だったんだな…。

 

最後に

ウクライナの首都・キエフでシェルターに避難していて、ウクライナの支援を願いながら、現地からツイッターで状況を発信している栃木県足利市出身で慶応大学2年生の前原剛さんについて書かせていただきました。