羽多野渉が結婚!嫁は橋本まい?身長や年齢は?性格がヤバい?愛猫を溺愛?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

羽多野渉さんが結婚を発表し、話題となっています!

男性声優として活躍している羽多野渉さんは、アニメ好きの方なら知らない方はいないですよね?

知らない方も弱虫ペダルと聞くとピンとくるはずです!そんなアニメの声優として活躍している人物です。

そんな人気声優が結婚した相手とは同じく声優の橋本まいという人物なのですが一体どんな人物なのでしょうか?

そこで羽多野渉さんのことを知らない方の為にどのような人物なのか?それと嫁となる橋本まいさんについても調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

羽多野渉 プロフィール

本名:羽多野渉(はたの わたる)

愛称:わちゃ・おいたん・ぴゅん

生年月日:1982年3月13日(36歳)

出身地:長野県東筑摩郡朝日村

身長:171cm

血液型:O型

職業:声優・歌手

所属事務所:81プロデュース

経歴

アニメが好きだった母親の影響もあり、羽多野さんは幼い頃からアニメが好きになり声優という夢を持っていました。

アニメの世界に入りたいくらい好きと言うほど夢中になっていた羽多野さんは、小学生の時に「YAWARA!」というアニメ漫画の影響で柔道を習い始めます。

物凄い影響されやすい人物なんですね〜!

さらに!

中学校は「SLAM DUNK」の影響でバスケットボールまで始めてしまいます。

柔道やバスケとなると羽多野さんは運動神経もよかったのかもしれませんね!

しかし、高校生になると一変、軽音楽部や漫画研究会に入部しています。

高校卒業後は、アミューズ開催のサマーオーディションに合格し、特待生としてアミューズメントメディア総合学院の声優タレント学科に通い、その後現在の所属事務所の81プロデュースに所属しています。

代表作は?

羽多野さんの出演アニメを調べてみた所、本当に多数のアニメに出演しており、書ききれませんでした・・・笑

その中でも皆さんご存知の黒子のバスケ、妖怪ウォッチ、弱虫ペダルなどアニメの中でも超有名作ばかり出演しています!

もはや声優界ではカリスマ的な人物ですね。

嫁は橋本まい?

今回の報道で結婚相手は橋本まいさんと実名で公表されています。

一体どのような人物なのか調べてみました。

名前:橋本まい

愛称:まいまい・ボス

生年月日:1984年1月3日(34歳)

出身地:福島県白河市

職業:声優・舞台女優

橋本まいさんは羽多野さんと同じく声優です。

代表作としては、はなかっぱ(ヤギのおばさん)やToLOVEる(九条凛)の出演が有名です。

そんな二人の出会いのキッカケはもちろん声優として共演?と思い調べてみたら

「ソウルイーターノット」SOUL EATER NOT!)で共演していました!

2014年に共演したので約4年間と言う間、極密でお付き合いされていたんでしょうね〜

スポンサードリンク

性格がヤバい?

羽多野さんを調べてみると「羽多野渉 性格」というワードが出現しています。

どうやら羽多野さんの性格に関心があるようですね!

実際にどのような性格なのか調べてみると天然という情報が多数出回っていました!

どんだけだよ!

って思うくらいに天然という声が多かったです・・・

どのくらい天然なのかというと、付き合っていた女性にサプライズとしてケーキの中にアクセサリーを入れていたら、すっかり忘れて飲み込ませてしまった!

と、とんでもないエピソードを持っています!!

下手したら大惨事ですが・・・

その他にも周りの人からかなりイジられるキャラだったりと、好かれるタイプのようですね。

一方で束縛がすごい一面もあるようです!

・付き合っている彼女は同窓会に行かせたくない。

・ミニスカートも履かせたくない。

・LINEの既読がついた時間が知りたい。

・LINEを何回読んだか知りたい。

など、結構引いてしまうエピソードも持っているようです。

これは女性には嫌われるのではないでしょうか?

嫁の橋本まいさんも、もしかしたら束縛されてしまうかもしれませんね・・・

愛猫を溺愛?

羽多野さんには「むぎちゃん」という愛猫がおり、溺愛ぶりが有名なようです。

波多野さんの公式ツイッターを見てみると自宅には物凄いサイズの猫ハウスが設置されていました!

猫カフェにおいてあるようなサイズのように感じます!

これは相当な溺愛ぶりですね〜

嫁の橋本まいさんも嫉妬してしましまうかもしれません。笑

スポンサードリンク

まとめ

結婚発表をした羽多野渉さんについて調べてみました。

優しく天然な一面から束縛するという意外な一面も分かりましたね!

今後は声優同士、夫婦共演なども有り得そうですね〜

今後、二人の活躍に期待していきましょう。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。