この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

橋岡優輝さんが話題です!

なんとドーハで行われた陸上のアジア選手権の男子走り幅跳びで金メダルを獲得しました!

しかも、記録は日本歴代2位という素晴らしい記録!

今後注目が集まりそうな選手です。

さて、橋岡優輝さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細は?

陸上・アジア選手権最終日(24日、ドーハ)男子走り幅跳びで20歳の橋岡優輝(日大)が今季世界最高に並ぶ日本歴代2位の8メートル22をマークし優勝した。両親は陸上の実力者で、サッカーJ1浦和のDF橋岡大樹(19)をいとこに持つ。筋金入りのサラブレッドが世界にその名をとどろかせた。

 20歳のホープが世界へ羽ばたいた。勝負が決する6回目。5回目に2位に後退した橋岡は、日本記録にあと3センチと迫る8メートル22の会心のジャンプでトップを奪い返した。それでもクールな表情は変わらない。最後に跳んだ中国選手がファウルに終わり、優勝が決まるとようやく表情を崩した。

 「油断できなかった。勝ち切れたことが本当にうれしい」

 華麗なる一族で育った。いとこはサッカーのユース世代で日の丸を背負う浦和の大樹。父・利行さんは棒高跳びの元日本記録保持者で、母・直美さんは100メートル障害の日本選手権覇者だ。大樹とともに2020年東京五輪での活躍が期待される。

 今季ここまで好調を維持する。3月末には追い風参考ながら8メートル25をマーク。この日は6回の跳躍で7メートル90以上を4度記録した。安定感が増しており、「むらがなくなり、再現性が上がった」と自らの成長を語る。

出典元:サンスポ

橋岡優輝 プロフィール

名前:橋岡優輝(はしおか ゆうき)

生年月日:1999年1月23日

出身地:埼玉県

身長:183cm

体重:73kg

種目:走り幅跳び

経歴は?

橋岡優輝さんの経歴を見ていきましょう。

優輝さんの経歴もすごいのですがもっと凄いのが両親でした。

なんと橋岡さんの父親は棒高跳びの元日本記録保持者で、日本選手権で7度も優勝を飾っている人物でした。これだけでも凄いのに、母親も走り幅跳びと三段跳び、100mハードルで中学生時代に日本記録を樹立した選手だということが明らかになっています。

まさに絵に描いたようなサラブレッド!

これで息子の優輝さんが運動音痴なわけがありません!

さすがはサラブレッド、恐るべし!

顔画像は?

橋岡優輝さんのことを知らない方のために顔画像を見ていきましょう。

https://twitter.com/th2318/status/1079713996045873152

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ももさん(@_tf_love__)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本陸上競技連盟(JAAF)さん(@jaaf_official)がシェアした投稿

いかがでしょうか?

スポーツ万能でイケメン!

これは今後、女性ファンも増えると思われます。

スポンサードリンク

高校や大学はどこ?

橋岡優輝さんの学歴について関心が高まっています。

早速高校を調べてみたところ八王子高校ということが判明しています。

高校時代には全国総体陸上男子走り幅跳びで優勝!

続いて大学ですが八王子高校を卒業後、日本大学に進学し現在も在籍しているようです。

筋肉がすごい!

橋岡優輝さんの筋肉がすごいと話題になっています。

確かに走り幅跳び選手となると体全体の筋肉を使いますよね!

足の筋肉だけ鍛えても世界には通用しないはず!

画像を見ると腹筋も物凄い子tになっていますね〜

体の筋肉全体をうまく使い、全身をバネのようにして遠くへ跳ぶということがよく分かります。

ネットの声

https://twitter.com/hokuro_ko123/status/1121189982859714560

スポンサードリンク

 

最後に

アジア選手権の走り幅跳びで優勝した橋岡優輝さんについて書かせていただきました。

陸上アジア選手権おめでとうございます!

今後、日本陸上界を背負って立つ選手になることを期待しています。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。