この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

嬉しいニュースが飛び込んできました!

7月28日、東京アクアティクスセンターにて、東京オリンピックの競泳男子200メートル平泳ぎの準決勝が行われ、武良竜也選手は2分8秒27で全体6位となり、決勝に進出することとなりました!

武良竜也選手はどのような方なのか、契約解除後もアルバイトで水泳を続けてきたというエピソードやプロフィール、顔画像などについて調査してみました。

スポンサーリンク

武良竜也│競泳男子200メートル平泳ぎ決勝進出!

7月28日、東京アクアティクスセンターにて、東京オリンピックの競泳男子200メートル平泳ぎの準決勝が行われ、武良竜也選手は2分8秒27で全体6位となり、7月29日午前に行われる決勝に進出することとなりました!

佐藤翔馬選手は全体10位で準決勝敗退となってしまったため、男女合わせて5大会連続となる平泳ぎでのメダル獲得は、武良竜也選手に託されました。

武良竜也│契約解除後もアルバイトで水泳を!

武良竜也選手は大学卒業後すぐに木下グループに所属しますが、成績が伸び悩んだりコロナが流行りだしたりといったことから2020年3月末で契約が解除されてしまい、契約解除後は収入も途絶えたため、ご両親に「もう続けられないと思う」と引退を切り出したほどだったそうです。

武良竜也選手のご両親は「続けてほしい」と支えてくれて、武良竜也選手は支援先を探すために50~100社ほどに電話やメールをしましたが、東京オリンピック開催がコロナの影響で不透明だったり、コロナ禍で余裕のない企業が多かったりと、受け入れてくれる企業は見つかりませんでした。

そのため、武良竜也選手は大学時代からのコーチ・藤森善弘コーチが紹介してくれたバイト先であるスイミングスクールでバイトをすることになりました。

スイミングスクールのバイトでは、指導やまな板の梱包作業、電話営業などの業務を行い、プールで練習できたのは週3回、早朝の2時間だけでしたが、映像を徹底的に見て泳ぎを研究されました。

しかし、2020年秋には「このままでは無理」とアルバイトを辞めて逃げ道をなくし、同年12月の日本選手権では自己記録を1秒半近く縮める2分8秒15で見事3位に入り、地元の鳥取県水泳連盟が支援してくれることとなりました!

その後、今年4月の日本選手権では派遣標準記録を突破する2分7秒58で2位に入ってオリンピックの代表権を獲得し、藤森善弘コーチがコーチを務めるミキハウスとの契約も決まり、ミズノともアンバサダー契約を結びました。

スポンサーリンク

武良竜也│プロフィール

  • 名前:武良 竜也(むら りゅうや)
  • 生年月日:1996年7月3日(25歳)
  • 出身地:鳥取県
  • 血液型:O型
  • 身長:173cm
  • 体重:70kg
  • 所属:ミキハウス
  • 専門種目:平泳ぎ
  • 出身小学校:米子市立河崎小学校
  • 出身中学校:米子市立加茂中学校
  • 出身高校:米子北高等学校

武良竜也│顔画像は?

水泳の武良竜也選手は下記のSNSアカウントを持っていて、ご自身の顔画像も投稿されています。

  • ツイッター(アカウント名:武良竜也/RYUYA MURA、ユーザー名:@ryu_shain)
  • インスタグラム(名前:武良 竜也/RYUYA MURA、アカウント名:@mrryuya_)

水泳に関する画像だけでなく、ファッションやバイクの写真も投稿されていますね!

武良竜也│大学はどこ?

出身大学:日本体育大学

武良竜也選手の出身大学は、東京都世田谷区に本部を置く偏差値35~45の私立大学「日本体育大学」です。

日本体育大学は日体、日体大、NSSUなどと呼ばれていて、著名な出身者にはアテネ・北京オリンピック金メダリストの水泳の北島康介選手や俳優の町田啓太さん、ロンドンオリンピック個人総合金メダリストの体操の内村航平選手などがいらっしゃいます。

武良竜也選手は大学時代水泳部に所属して、恩師である藤森善弘コーチと出会い、筋トレをしたり練習ノートを作って練習メニューを気をつけたり振り返ったりと熱心に練習をされ、大学3年生の時にはジャパンオープン2位、日本学生選手権3位といった好成績を収めました。

ネットの声

東京オリンピックの競泳男子200メートル平泳ぎの決勝に進出することとなった武良竜也選手について、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 竜也選手決勝進出おめでとう!! 決勝戦頑張って!! 金メダルへ!!

  • 全力で応援しています

  • 一時は企業に所属依頼の手紙出して良い返事貰えてなかった苦労人。ホント、頑張ってほしいです。

  • くんファン爆増してほしい

  • 素晴らしい泳ぎで決勝進出を決めました。 表情に余裕が感じられます。 決勝が楽しみです

スポンサーリンク

 

最後に

東京オリンピックの競泳男子200メートル平泳ぎの決勝に進出することとなった武良竜也選手について書かせていただきました。

武良竜也選手の競泳男子200メートル平泳ぎ決勝でのご活躍をお祈りいたします。