この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました。

ミステリー小説家として知られる「小林泰三」さんがお亡くなりになられたことが明らかになりました。年齢はまだ58歳と非常にお若く、驚きの声が出ています。

そんな小林泰三さんとは一体どのような人物だったのか?そして死因についてはどのようなものだったのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

小林泰三さんの訃報

小林泰三さんの訃報については25日の19時付近に世間を駆け巡りました。

詳細については2020年11月23日(月)の午前5時56分にお亡くなりになられたとのことでした。年齢的にも58歳と非常にお若く、現在まで普通に小説家として仕事をこなしていたことから驚きの声が上がっています。

そして、訃報については親族からではなく、代理で小説家の「タナカ ヒロフミ」さんのtwitterから報道されていました。

小林泰三さんのプロフィール

  • 名前:小林泰三(こばやし やすみ)
  • 生年月日:1962年8月7日
  • 出身地:京都府
  • 年齢:58歳
  • 職業:小説家

小林泰三さんの経歴について

小林泰三さんは京都府で生まれます。高校卒業後は大坂大学基礎工学部に進学。卒業後は三洋電機ニューマテリアル研究所で開発者として勤務していましたが、同時に作家としても活動をしており、1995年に「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞します。

更に翌年、「玩具修理者」を単行本で出版すると全く間に大ヒット!単行本だけで15万部を超えるベストセラーになったのです。その後も立て続けに大ヒットを飛ばします。「アリス○し」や「クララ○し」、「ドロシイ○し」などはあまりにも有名。

ミステリー作家として意味深なオチだったり、SFの世界を怖く、面白く、奇想天外に書かれていることで多くのファンから愛される作品を多数排出していました。

https://twitter.com/UTAN217/status/1330849666167017472

スポンサーリンク

小林泰三さんの死因は?

小林泰三さんは58歳と非常に若くお亡くなりになられていますので、その死因について注目が集まっています。

早速調べてみると死因については「ガン」と公表されていました。さらに以前から闘病中だったことも判明。つい先月も自身のtwitterで作品を紹介していたことを考えると闘病中にもかかわらず小説と向き合っていたことが分かります。

本当にお亡くなりになる最後まで小説というものを愛していたものと思われます。まさに小説家の鏡といっても過言ではないでしょうね。

小林泰三さんの嫁は誰?

小林泰三さんの訃報は妻から、代理の方に伝えられていることから、結婚している妻があることは間違いありません。

しかし、今回の訃報に関してのコメントや、喪主などの情報も公開されていませんし、一般人であることから妻に関しての情報はありません。

小林泰三さんの訃報にネットの声は?

  • 無職で何もかも嫌になっていた時、なけなしのお金叩いて買った玩具修理者で読書の楽しさを思い出させてもらいました。

  • 小林泰三さん、「人獣細工」が大好きでした。 ご冥福をお祈りいたします。

  • 目黒ネグロさんとも小林泰三先生の作品でお互いに好きで盛り上がったなあ… きょうは玩具修理者読んで眠ろう…

  • 処女作「玩具修理者」を読んだ衝撃は特に忘れません。ご冥福をお祈りいたします。

  • 小林泰三先生の本は本当に何度も読み返したのが多いので喪失感が大きいです。

スポンサーリンク

最後に

小林泰三さんの訃報は多くの小説ファンから悲しみの声が寄せられていました。

闘病しながらも最後まで小説と向き合っていあた小林さん。私自身も小林さんのように最後まで仕事の情熱を注いで行ける人物になりたいと切に思います。

小林泰三さんのご冥福をお祈りいたします。